Home モデル 《交際男性殺害未遂》美熟女モデル岩本和子 留置所からの手紙「私にはもう完全なる母性本能があった」 – 「週刊文春」編集部 – BLOGOS

《交際男性殺害未遂》美熟女モデル岩本和子 留置所からの手紙「私にはもう完全なる母性本能があった」 – 「週刊文春」編集部 – BLOGOS

10 second read
0
61

 5月18日夕方、熱海駅の改札で知人男性(34)を切りつけ、殺人未遂と銃刀法違反の容疑で逮捕された、有名美熟女モデルの岩本和子容疑者(43)。事件の目撃者は「付近に血しぶきが飛び散り、真っ赤な切り傷からは骨みたいなものも見えた」と証言している。現在、岩本は検察の留置施設で生活し、取り調べを受けている。

【写真】岩本和子の写真を全部見る

 取材班は6月25日から複数回にわたり留置施設の岩本に面会したが、最初の面会直後から記者のもとに手紙が届くようになった。留置施設での面会は1日1人、15分程度の時間制限があり、岩本は語り尽くせぬ思いを手紙にしたためたようだった。

 これまでに届いた手紙は計4通。1通目は面会直後に速達で送られてきた。心情を吐露できた喜びと、記者への謝辞、次の面会には小説を差し入れてほしい、といったことが記されていた。

 しかし、2通目からは内容が一変する。43歳で妊娠した喜びと、堕胎を決意せざるを得なかった際の絶望、事件を起こしたことへの後悔と反省の念。事件を起こすまでに、いかにして追い詰められ、現在獄中で何を考えているのかが生々しい筆致で綴られている。


事件当日、警備員らに取り押さえられる岩本和子

岩本は泣き出しそうな表情で……

 7月3日、「あなたの手紙を『週刊文春デジタル』の記事として掲載していいですか」と記者は施設で岩本に直接聞いた。

 岩本は薄いピンク色のワンピースで、長く伸びた髪を一つに束ねていた。時折、笑顔を見せることもあったが、約1カ月に及ぶ留置所生活の疲れは隠せない。岩本は仕切りのガラスに顔を近づけ、泣き出しそうな表情で、記者に向かって手を合わせ、こう言った。

「本当にありがとうございます。なんと言っていいのかわかりませんが、同じ女性の方たちなら、私の気持ちがわかってくれるかもしれません。(掲載を)ぜひお願い致します」

 以下、2回に分けて、岩本の手紙を公開する。取材班では被害男性のA氏にも連絡を試みたが、コンタクトを取ることができなかった。

岩本和子、留置場からの手紙

 本日も面会にお越し頂きまして本当にありがとうございます。

 正直、私の言い分を聞いて下さるのは とても嬉しいことでございます。心から感謝しております。

 先程お話ししたことで覚えていることを改めて記すと共に追記もさせて頂きます。

 今、一番したいことは……勿論、ご迷惑をおかけした仕事の関係の方など全ての方に謝罪をしたいのと、あと、一番心配をかけた母に、ちゃんと謝りたいです。

 また、子供の供養をしてあげたいです。

 まだ子供ちゃんは浮かばれていません。

 3月中旬、妊娠8週目であることが判明しました。妊娠したことは私にとってただただ嬉しい奇跡だ!と思えました。

 人生で初めてのことでしたし、またもう43才なのでラストチャンスだと思いましたし、エコーで心臓が小さくトクトク動いているのを見ると不思議なもので、母性本能が一気に沸いてきました。可愛い、愛おしいと、嬉しくて泣いてしまいました。

 私は、子供ができたことが嬉しく、そして、性別は女の子と聞いた時は母とお祝いでスキ焼きを食べて、嬉しくて嬉しくてずっと泣いていました。

 私に宿った女の子、最初は名前を「奇跡ちゃん」とか呼んでいたんですが、夢みたいだったので「夢ちゃん」にしようと。そういえば 相手にも子供の名前は夢ちゃんにする!と言ったことがあります。

 相手の男に連絡した手段はLINEでしたのでどういう心境なんだか知りませんでしたが、まあ、びっくりしたんだと思います。さぞかし困ったんだろうと。今思えばですが。

 会って、相手はお酒で(相手は)酔っぱらっていましたが「産んでいいよ」と確かに言っていたんです。

「どうぞ産んで下さい」と。

 まさかそれが「認知もしないし、何もしないが、勝手に産め」という意味であるとは、さすがに私も想像がつきませんでした。

 この件を話すために会うことになり、東京で会いました。それまではLINEでのやりとりでしたし、もう4月の半ば?は過ぎていたと思います。はっきりとは覚えていないのですが……。

 私は、ともかく何の障害もない独身の人の子供を身ごもり、シングルマザーになるかもしれないけど(最悪それでもいいと思っていました)、ともかく、母になれるんだと心弾むばかりでした。

 仕事の事でもすごく悩みましたが、その時はそれよりも、多分人生最後に与えられたであろう妊娠の喜びが勝ってしまい、「どうしよう」と、とにかくお腹だけ目立たないように撮ってもらおう……という発想でした。

 日が経つにつれて変わってきたのは、私の体型でだけでなく相手の発言です。

「ちゃんとつきあおう」「好きだから好きと言って」

 最初から「ほとんどニューヨークとシンガポールを行き来していて日本にはいない」と言っていたのですが、この件について話しませんかというと「日帰りで香港だ」「どうしても大きな案件で会うことができない」などと言い出し、私は、つわりで体調も悪かったですし、まあいいかと相手を信じていました。

 そのうち「父親がうつ病だ」「父が死にかけている」とも言いだしたあたりから、おかしな男だなと疑いはじめましたが……(この2つも当然、後にウソであると判明)

 別に何の関係もない相手なら、ただ単に流しておけばいいのですが、何しろ私にとっては子供の父親なので、そろそろ何者なのだか本気で調べねば、と思いはじめました。

 相手の言い方は更に「ちゃんとつきあおう」「好きだから好きと言って」「最初からつきあって、結婚して、順序をふんで、また子供をつくろう」「親せきが反対する」など色々と言い換えてきました。

 どんどん言い分の変わる、ウソしかつかない謎だらけの男を前に私は、つわりで胃液を吐きながら、ただ混乱し、さく乱し、茫然とするしかなくて。

 相手はこの状況でも肉体関係を求めてきて、用が済むと「父親の看病をしに実家に帰る」「死にかけの知りあいに呼ばれている」「とりあえず帰って欲しい」と逃げます。

 究極は 5/12(日)22:00

 本当にたまたま偶然、○○(※編集部註 A氏自宅の最寄り駅)のあたりを歩いていた相手の奥さんに、(※A氏と)一緒にいて口論をしているところを話しかけられ、私ははじめて、相手が既婚者であると知ったのです。その時、その瞬間、男は、何も言わず走って、ダッシュで逃げました。

(※第3弾記事「美熟女モデル獄中インタビュー『熱海のホームで私が我を失った彼のひと言』岩本和子“刃傷事件”の全真相」参照)

 男とは何かしらで決着をしなければと思いました。

 最初から結婚していると言えばそれで済んだ話をなぜここまで、妊娠18週5カ月になるまで引っぱったのか? よほど私のことをバカにしている、おちょくっている、軽視しているのだなと感じました。それを聞いていれば私にも 別の選択肢があったかもしれないのです。 

 5カ月の胎児をもう若くはない私が中絶するなんて、想像を絶する恐ろしさでした。病院も限られてくるし、入院(3、4日は最低、通常1週間)が必要です。

 それに、私にはもう完全なる母性本能があったのです。子供とお別れをしたくなかった。

 けど、状況が私をどんどん精神的にも肉体的にも追いつめていきました。もうこれ以上、迷っていられないはずなのに、私の気持ちはそれこそ1時間ごとに変わっていました。

 精神安定剤を飲みはじめ 量も増えていきました。

 5/12の夜以来、完全に私は、狂ってしまいました。

 ※後編へ続く。手紙の抜粋は原文ママ

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

エコノミークラスへの文句でイットモデル、ウィニー・ハーロウのSNSが大炎上! – SPUR.JP

世界が注目する「まだら肌」の美しいモデル、ウィニー・ハーロウ(25)。ニューヨーク、ロンドン、ミラノなど、世界 … …