Home ユーチューバー 《3カ月で2度逮捕》迷惑系ユーチューバー「へずまりゅう」が憧れる“カリスマ・ビジネスマン”とは? – 文春オンライン

《3カ月で2度逮捕》迷惑系ユーチューバー「へずまりゅう」が憧れる“カリスマ・ビジネスマン”とは? – 文春オンライン

8 second read
0
33

 迷惑が金を生む時代だ。ユーチューバーの「へずまりゅう」こと原田将大容疑者(29)ら2人が威力業務妨害などの容疑で大阪府警に16日に逮捕された。洋服店のブランド商品が偽物だと難癖を付けて業務を妨害したという一見、他愛もない事件だが、逮捕は3カ月余りで2度目だ。

へずまりゅうツイッターより

「偽物でしょ。日本人だまして楽しいっすか?」

「アメ村の黒人ぼったくり店に凸撃してみた」と題する5月に投稿された動画(現在は削除)で、肥満体型の男が、同店のTシャツを手に、たたみかけるように店員に迫っていた。「へずまりゅう」こと原田容疑者だ。

「交番の警官、役に立たないです」などと警察官を罵倒

 原田容疑者は「迷惑系ユーチューバー」としてネット界隈では知られる。迷惑行為を繰り返し、それを動画配信サイト「YouTube」に配信することでアクセス数、ひいては広告費を稼ぐというわけだ。

 動画では原田容疑者は同店でTシャツを購入。ほつれが見つかったとして「返品してこようかと思います」と言い、店外に店員を呼び出していた。

 その後も「ボケ!」などと店員を罵倒する原田容疑者。近くで警察官を見つけると、同様のクレームを繰り返すが、今度は「消費者センターに相談を」と受け流す警察官に攻撃対象を移し、「交番の警官、役に立たないです」などと罵倒。「また行くぞ」などと捨て台詞を吐いて動画は終わった。

送検のため大阪・南署を出る「へずまりゅう」こと原田将大容疑者 10月18日午前9時 ©共同通信社

 動画は数日で50万回近く再生。単純計算で数万円の収入が原田容疑者らに入ったことになる。黒人、警察官など人の感情を刺激するキーワードがアクセスを稼ぐのか。

 だが、「へずまりゅう」こと原田容疑者が悪名をとどろかせたのは、この動画とはまた別の一件だった。

魚の切り身窃盗、コロナ拡散で悪名とどろく

 へずまりゅう、という不思議な言葉になんとなく既視感があるのは、7月の新型コロナウイルス騒ぎがあったからだろう。

 原田容疑者は、愛知県岡崎市のスーパーで会計前の魚の切り身を食べるところを5月に配信。7月にそれが窃盗にあたるとして窃盗容疑で愛知県警に逮捕されたが、逮捕後にコロナへの感染が確認されたのだ。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

月10億人利用 「インスタグラムは日本が磨く」米製品部門責任者 – 日経ビジネスオンライン

全2659文字 誕生から10年で世界の月間利用アカウント数は10億を超え、日本でも3300万アカウントを抱える … …