Home その他 「いいね」売買横行 SNSフォロワー1000人、1500円 – 中日新聞

「いいね」売買横行 SNSフォロワー1000人、1500円 – 中日新聞

6 second read
0
35


フォロワーを購入した男性のインスタグラムの画面。フォロワーの所在地はカイロなどエジプトの都市が並ぶ

フォロワーを購入した男性のインスタグラムの画面。フォロワーの所在地はカイロなどエジプトの都市が並ぶ

  • フォロワーを購入した男性のインスタグラムの画面。フォロワーの所在地はカイロなどエジプトの都市が並ぶ

 インスタグラムなどの会員制交流サイト(SNS)を巡り、「フォロワー」と呼ばれる登録読者や、書き込みに共感した人が押す「いいね」を業者から購入し、営業の仕事などに利用するケースが相次いでいることが分かった。SNSの運営者は利用規約で売買を禁止しているが、手っ取り早く人脈や人気、信用力があるように見せ掛ける手段として購入する人が後を絶たない。(鈴木龍司)

 「フォロワーが多ければしっかりしていると思われる。見た目は重要」。愛知県内の二十代男性は先日、インスタのフォロワー千人分を約千五百円で購入した。資産運用の相談業務をしており、「インスタで連絡を取った人が、実際に会ってくれる可能性が増す」と理由を説明。「知人も保険や証券関係などの営業で購入している」と明かした。

 男性はインターネットのサイトから注文し、数日間でフォロワー千人が追加されたが、アカウントの所在地の多くは「カイロ」などエジプトの都市だった。「どれも中身のない『空(から)アカウント』。連絡を取り合うことはない」と話す。

 SNSを活用した宣伝に詳しい関係者によると、最近はインスタなどで食事先を選ぶ若者が多く、飲食店関連の購入例も目立…

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

記事を寄稿したら実は偽サイト 再びちらつくロシアの影 [アメリカ大統領選2020] – 朝日新聞社

 11月3日に迫る米大統領選を前に、ソーシャルメディアを使って米社会を分断しようとする動きが続く。4年前と同様 … …