Home ブロガー 「もう私のような人間をつくりたくない」 中国人気ブロガーがDV告発動画 – AFPBB News

「もう私のような人間をつくりたくない」 中国人気ブロガーがDV告発動画 – AFPBB News

28 second read
0
35

【12月14日 東方新報】中国のSNSでメーキャップ動画を投稿する人気ブロガー、宇芽(Yuya)さん(28歳)が、「女性に対する暴力撤廃の国際デー(International Day for the Elimination of Violence against Women)」の先月25日、自分自身がドメスティックバイオレンス(DV)被害者であった身の上を示す動画をアップし、中国社会で大きな反響を呼んでいる。相手は美しく温かい絵を描く人気イラストレーターの「沱沱」(Tuotuo)さん(44)で、宇芽さんは「もう私のような人間をつくりたくない」と訴え、各メディアとのインタビューで赤裸々にその実態を打ち明けていた。

【関連動画】なりきりメークで「モナ・リザ」に 中国人女性の動画にファンも

 宇芽さんがアップした動画には、エレベーターの中で宇芽さんが沱沱さんに殴られ引きずり倒され、足をつかまれエレベーターから引っ張り出される様子が映っていた。沱沱さんは、3回の離婚歴があり、いずれもDVで結婚生活が破たんした「常習犯」だった。中国中央テレビ(CCTV)の特集番組でインタビューに応じた宇芽さんは、「出会った当時はパーフェクトな男性だと思った。それが悪夢の始まりだった」と振り返っている。

 半年の間に5回暴行を受け、そのうち4回はなぜ自分が暴力を受けるのか理由すらわからなかったという。付き合い始めて2週間たったころから、ささいなことで顔を殴られ、何か問いかけるだけで殴られることもあったので、話しかけることも怖くなったという。「最初に暴行を受けたときに別れようと思ったものの、やはり愛情があり、もう大丈夫ではないか、と期待してしまうのだ」と、当時の心情も打ち明けた。暴行はエスカレートし、数十回顔をなぐられたことや、靴で顔を踏みつけにされたこともあった。最後の暴行のとき、相手から「もし、DVを告発したら自殺してやる。遺書にお前に殺されたと書いてやる」とどう喝されたという。

 その後、9月に別れを決意。相手からは脅迫メールが絶えず届いたが、その事情を彼女の友人たちが知るようになったことで、告発する決心をしたという。沱沱さんからDVを受けて離婚した前妻は「私が警察に通報すれば、彼女の悲劇は避けられたのに、本当にごめんなさい」と話している。しかしながら、前妻も「離婚後、お前を殺してやる、お前の一家全員殺して、家を焼くといった脅迫を受けた」とその恐怖を語り、DVを警察に通報することの難しさを訴えていた。

 中国ではDV禁止法が2016年3月に施行されており、社会に「DVを許してはいけない」という世論は形成されつつある。だが、家庭内問題に公権力が関与することの難しさや、関係機関の協力体制モデルはまだまだ成熟しておらず、もともと男尊女卑の伝統的価値観が農村を中心に残っている。中華全国婦女連合会の調査によれば、中国人女性の4人に1人がDV被害の経験を持つという。

 北京市東城区(Dongcheng)でDV被害女性支援のセンターを創設した李瑩(Li Ying)弁護士によれば、法的にはまだまだ不備があり、性暴力や経済的支配といった暴力に対する定義が明確でなく、専門家の育成も足りず、DVに対する法解釈とDV禁止法の運用が追い付いてないことが問題だという。DVの訴えについて司法が認定する率はまだ20%ほどにとどまっている。またDVによって受ける肉体の傷だけでなく、心の傷に対するケアへの理解や体制も不足しているという指摘も。人気ブロガーでもある宇芽さんの告発は、こうした中国の根深いDV問題に対して、改めて世論を喚起したといえる。(c)東方新報/AFPBB News

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

モデルのクァク・ジヨン、旧正月連休中にも「今日は英語の勉強」と近況報告(WoW!Korea) – Yahoo!ニュース

モデルのクァクジヨンが旧正月の連休にも自己開発に熱中した近況を伝えた。  27日の本日、モデルのクァク・ジヨン … …