Home モデル 「イオタ」復活へ…ランボルギーニ アヴェンタドールSV 後継モデル、今秋公開か

「イオタ」復活へ…ランボルギーニ アヴェンタドールSV 後継モデル、今秋公開か

17 second read
0
372

ランボルギーニ幻のスーパーカー「イオタ」が復活するかもしれない。レスポンスの兄弟サイトSpyder7は、『アヴェンタドールSV』(スーパーヴェローチェ)後継モデルのプロトタイプをスクープすることに成功。何と、このモデルの車名に「イオタ(J)」の名が冠される可能性が高いことが分かった。

イオタは、ランボルギーニの名車『ミウラ』をベースにチューニングされ、1969年にモータースポーツ参戦に向けた実験車両として、1台のみが生産された。1971年、高速走行テスト中の大事故により廃車となったため、今も幻のスーパーカーとしてファンに語り継がれている。

これまでにもイオタ復活の話題は、ランボルギーニの節目ふしめで囁かれてきたが、今回はいよいよ実現となるのか…。ちなみにランボルギーニは2012年のジュネーブモーターショーで、イオタの通称「J」を冠したスピードスター「アヴェンタドールJ」を公開。1台のみを生産し、販売していた。今回の「J」もワンオフモデルとなるのか、果たして。

捉えたプロトタイプはアヴェンタドールSVをベースに、新デザインのフロントバンパー、エアロダイナミック・サイドスカート、軽量ホイール、大口サイドエアスクープ、個性的な大型リアウィング、ディフューザーなどを装備していることが確認できる。また、『ウラカン・ペルフォマンテ』のように、リアナンバープレートの上にエキゾーストパイプを備えているのも外観上の特徴だ。

新型では、運転スタイルや走行コースに対応する革新的なインテリジェント・システム、「ALA」(アエロディナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)も装備すると思われる。

パワートレインは、6.5リットルV型12気筒自然吸気エンジンが予想されており、最高出力800ps、0-100km/h加速2.8秒、最高速度350km/h以上のハイパフォーマンスとなることが期待されている。

現在ランボルギーニ最速はウラカン・ペルフォマンテだが、フラッグシップモデルであるアヴェンタドール後継モデルが最強・最速となるのは間違いない。ワールドプレミアは、早ければ2018年9月から10月と思われる。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ジャガー、「XE」2021年モデル 204PS/430NmのMHEV2.0リッターディーゼルをラインアップ – Car Watch

「XE」2021年モデル  ジャガー(ジャガー・ランドローバー・ジャパン)は5月11日、スポーツ・サルーン「X … …