Home モデル 「ゴルゴ13」半世紀 ハードな男の世界…原画、モデルガンなど展示 川崎

「ゴルゴ13」半世紀 ハードな男の世界…原画、モデルガンなど展示 川崎

8 second read
0
201

 連載50周年を迎えた劇画「ゴルゴ13」の世界を紹介する展覧会が神奈川県の川崎市市民ミュージアムで開催されている。貴重な原画展示のほか、作者さいとう・たかをさん(81)の仕事場も再現されている。

                ×  ×  ×

 国籍不明のA級スナイパー・デューク東郷を主人公に据えた「ゴルゴ13」は昭和43年11月に青年漫画誌「ビッグコミック」(小学館)で連載が始まった。1度の休載もないまま半世紀。商業誌の連載作品としては国内最長記録だ。単行本などの総発行部数は2億部を突破している。

 9月21日の開幕式に出席したさいとうさんは、「漫画家になって63年のうち(ゴルゴ13は)50年だから奇跡のよう。作品は描き終えたら自分とは関係なくなる。読者のもので、出版社のもの。よくぞ読んでいただいた」と感謝の言葉を述べた。

 展示は5章構成で、「軌跡」のコーナーでは全エピソードから選び抜かれた原画39点を展示。ポーカーフェースのゴルゴが謝ったり、笑ったりした珍しい場面がまとめてある。連載開始時、当時のさいとうさんより1歳上の32歳に設定したが、連載が進むうちに顔が変わっていくのもみてとれる。

続きを読む

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ビリー・アイリッシュ、「インスタグラムのコメントはもう読まない」(ELLE ONLINE) – Yahoo!ニュース

今週テレビ番組「BBCブレックファースト」に出演したビリー・アイリッシュ。これまでインスタグラムのコメントを全 … …