Home モデル 「チェスティ」を手掛ける小川淳子が39歳で逝去、学生時代は読者モデルとして活躍 – Fashionsnap.com

「チェスティ」を手掛ける小川淳子が39歳で逝去、学生時代は読者モデルとして活躍 – Fashionsnap.com

10 second read
0
22



公式サイトより

公式サイトより

 ファッションブランド「チェスティ(Chesty)」を手掛ける小川淳子(本名 小島淳子)が、12月3日に逝去した。享年39歳。

— ADの後に記事が続きます —

 小川淳子は1979年生まれで、神戸女学院大学在学中に読者モデルとして活動を開始。卒業後は企業に勤める傍らネイリストの資格を取得し、2003年にネイルサロンをオープンした。また、同時期にカジュアルアイテムのデザイナーを経て、チェスティを設立。デザインからプロデュースまで自身が担当し、2003年には三宮にアンテナショップを、2008年には旧外国人居留地にオンリーショップを出店した。チェスティのほか、クチュール感を活かした「MissAdora」や子ども服「Chestypetite」なども展開している。プライベートでは2人の子どもを持つ。

 ブランド側の発表によると死因は脳腫瘍。通夜および葬儀、告別式は既に近親者のみで執り行い、後日「お別れの会(仮称)」を開く予定だという。

■Chesty:公式サイト

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

モデルのクァク・ジヨン、旧正月連休中にも「今日は英語の勉強」と近況報告(WoW!Korea) – Yahoo!ニュース

モデルのクァクジヨンが旧正月の連休にも自己開発に熱中した近況を伝えた。  27日の本日、モデルのクァク・ジヨン … …