Home モデル 「ファッションは変わってきたけど、変わらないのはマインド」『egg』編集長と振り返るギャルカルチャー(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

「ファッションは変わってきたけど、変わらないのはマインド」『egg』編集長と振り返るギャルカルチャー(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

18 second read
0
54

 時代の最先端の流行を作り出し、文化や経済に大きな影響を与えてきたギャル。1990年代後半のアムラー世代の特徴はミニスカートに厚底ブーツ、メイクはガングロ、細眉で目元のハイライトが特徴。「チョベリバ」「チョベリグ」「MM」などは流行語にもなった。

 2000年、“マンバ世代“の特徴はALBA ROSAにルーズソックス、メイクはガングロの進化系であるゴングロにマンバメイク。アイテムとしてはミジェーンの袋が流行。「HK(話が変わって)」「MK5(MajiでKoiする5秒前)」「アウトオブ眼中」といったことばも流行した。

 また、2010年の“アゲ嬢世代“の特徴はエロかっこいい系のファッションに、美白、ブリーチした金髪、スジ盛りといったメイクや髪型が特徴だ。携帯をデコるためのデコグッズに、「あげぽよ」「激おこぷんぷん丸」「KY」といった言葉が一世を風靡した。

 そして2019年はファストファッションに太眉・マツエクといったスタイル。「まじ卍」「あげみざわ」「いい波のってんね」といった言葉も使う。

 eggの元カリスマギャル・宮下美恵さんは1996年に同誌の読者モデルとしてデビュー。ALBA ROSAやRoxy等を流行らせた第一人者として知られている。現在はモデル・ライフスタイルプロデューサーとして活躍している。当時のことを「焼けやすくて、他の子たちよりも日サロ代が浮いた。美恵ぴょんとかマロンちゃんって呼ばれていた。渋谷にいるイメージは強かったが、みんなみたいに普通には遊べなかった。プリクラとか撮っているだけで200~300人周りに集まった」と振り返る。

 ガングロギャルが肌を黒く焼く理由について、宮下さんは「強く見せたいというのはあるかもしれない。表現力であって、目立ちたいし、強そうに見られたい」と説明。

 昨今の“インフルエンサー“とカリスマギャルたちとの関係について、株式会社ウツワ代表取締役のハヤカワ五味氏は「今のインフルエンサーは分散しているが、当時は本当にスターが数人だったので、影響力はすごかったと思う。街を歩いているだけで数百人集まるインフルエンサーはいないと思う」とコメントした。

【関連記事】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

トランプ氏、ツイッターCEOにフォロワー減の不満伝える=関係筋 – ロイター (Reuters.co.jp)

 4月23日、トランプ米大統領は、ホワイトハウスでツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)と会談した。20 … …