Home モデル 「ボルボS60」がフルモデルチェンジ よりスポーティーでスタイリッシュなセダンへと進化 【ニュース】 – webCG

「ボルボS60」がフルモデルチェンジ よりスポーティーでスタイリッシュなセダンへと進化 【ニュース】 – webCG

29 second read
0
7

ボルボ・カー・ジャパンは2019年11月5日、新型「S60」の日本導入を発表し、同日販売を開始した。

走りやデザインの進化に加え、充実した安全装備にも注目

S60は、スポーティーなキャラクターを特徴とするボルボのDセグメントセダンである。今回の新型は初代(2000年登場)から数えて3代目のモデルにあたり、シャシーを共有するステーションワゴン「V60」より3カ月遅れの、2018年6月に世界初公開された。

車両の基本構造には、V60と同じくボルボ最新のモジュラープラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」を採用。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm、ホイールベース=2780mmと、従来モデルより全長が125mm、ホイールベースが100mm延びている一方で、全高は45mm、全幅は15mm抑えられている。ロングノーズ、ショートオーバーハングのデザインとも相まって、より伸びやかで均整のとれたものとなったボディーには、各所に強靱(きょうじん)なボロンスチールやホットスタンプ材を採用。高い衝突安全性を実現しているという。

インポーターが「ボルボで最もダイナミック」と紹介するモデルだけに、走りの楽しさも特徴のひとつ。軽快なドライブフィーリングや遅れのない操舵感、クルマとの一体感、初期ロールの少なさ、素直で安定感のある挙動などを追求している。シャシーには「ツーリング」「ダイナミック」「スポーツ」と3種類のチューニングがあるが、日本仕様にはコントロール性と快適性をバランスさせたダイナミックシャシーを採用。一部のグレードには、オプションで減衰力可変ダンパー「FOUR-C」も用意している。また足まわりではPHEVのモデルに新しいブレーキバイワイヤシステムを採用しているところもトピックで、従来のものより4kg軽量化しつつ、エネルギー回生量のアップ、操作フィールの向上、電動距離の短縮、NVHの改善などを果たしているという。

このほかにも、センターコンソールのロータリー型コントローラーで走行モードを切り替えられる、ドライブモードセレクターを装備。モードは「コンフォート」「エコ」「ダイナミック」に各種制御を任意で調整できる「インディビジュアル」を加えた4種類で、ステアリングやアクセル、ブレーキなどの制御のほか、FOUR-C装着車ではサスペンションの特性も変更できる。

また、最新のボルボ車らしく予防安全装備や運転支援システムは充実しており、自動緊急ブレーキや全車速対応アダプティブクルーズコントロール、車線維持支援機能などからなる「インテリセーフ」を全車に標準採用。「ブラインドスポット・インフォメーション・システム」や自動緊急ブレーキにステアリングアシスト機能を追加するなど、機能の強化・拡充も図っている。

ラインナップは純ガソリン車の「T4モメンタム」「T5インスクリプション」、PHEVの「T6 Twin Engine AWDインスクリプション」の3種類で、30台の特別限定車として、高性能モデル「T8ポールスターエンジニアード」も用意される。

価格は以下の通り。

  • T4モメンタム:489万円
  • T5インスクリプション:614万円
  • T6 Twin Engine AWDインスクリプション:779万円
  • T8ポールスターエンジニアード:919万円

(webCG)

関連キーワード:
S60,
ボルボ, 自動車ニュース

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「Voidol – Powered by リアチェンvoice -」追加ボイスモデルを発売。 – PR TIMES

(Voidol) クリムゾンテクノロジー株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役:飛河 和生)は、VTube … …