Home モデル 「ポルシェ・マカン」の改良モデル登場 全モデルでエンジンがパワーアップ 【ニュース】 – webCG

「ポルシェ・マカン」の改良モデル登場 全モデルでエンジンがパワーアップ 【ニュース】 – webCG

30 second read
0
131

ポルシェ・マカンS
拡大

ポルシェジャパンは2021年7月20日、コンパクトSUV「マカン」の改良モデルを発表し、予約注文受け付けを開始した。

今回発売されるのは、「マカン」と「マカンS」、「マカンGTS」の3バージョン。全モデルにおいて従来型よりも、エンジン出力が大幅に向上している。トップモデルとなるマカンGTSの2.9リッターV6ツインターボは、従来型を60PS上回る最高出力440PSを発生。マカンSの2.9リッターV6ツインターボは26PSアップの同380PSを、エントリーモデルとなるマカンに積まれる新開発の2リッター直4ターボは13PSアップの最高出力265PSを発生する。

すべてのエンジンに、ポルシェが「PDK」と呼ぶ7段DCT(デュアルクラッチトランスミッション)と「ポルシェトラクションマネジメント(PTM)4WDシステム」が組み合わされている。

シャシーについては、「ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)」をマカンにオプション設定し、マカンSおよびマカンGTSに標準装備する。ダンパー特性などがモデルごとに最適化されており、4輪の減衰力を個別に連続的かつアクティブに調整すると説明されている。

マカンGTSでは、車高を10mm低く設定するスポーツエアサスペンションを標準装備。エアサスペンションの剛性は、フロントアクスルが従来型よりも10%、リアアクスルが同15%高くなった。オプションの「GTSスポーツパッケージ」を選択すると、21インチサイズの「GTデザインホイール」とパフォーマンスタイヤ、「ポルシェトルクベクトリングプラス(PTVプラス)」、「スポーツクロノパッケージ」が装備され、パフォーマンスがさらに向上するという。

前後のデザインが変更されたエクステリアも、最新型マカンの特徴となる。新しい立体構造を用いたフロントバンパーが標準装備され、同様の構造を用いたサイドブレードもオプションで選択できる。LEDヘッドランプ「ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)」とスポーツデザインエクステリアミラーが全モデルで標準装備となり、ホイールも大径化。マカンは19インチ、マカンSは20インチ、マカンGTSは21インチが標準サイズで、7種類の新デザインホイールもオプション設定されている。

インテリアでは、タッチパネル式の新しいセンターコンソールやコンパクトになったシフトセレクターレバー、新デザインの「マルチファンクションGTスポーツステアリングホイール」などの採用が目を引く。「ゲンチアンブルー」や「パパイヤ」、「クレヨン」のレザートリムとコントラストステッチのパッケージがオプションとして用意されたのもトピックである。

ボディーカラーは新色の「パパイヤメタリック」と「ゲンチアンブルーメタリック」、マカンGTS(GTSスポーツパッケージ装着車)に用意される「パイソングリーン」を含む、全14色をラインナップしている。

価格はマカンが754万円、マカンSが977万円、マカンGTSが1188万円。導入されるのは7段PDKの右ハンドル仕様のみとなる。

(webCG)

関連キーワード:
マカン,
ポルシェ, 自動車ニュース

Adblock test (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

フォロワー26万人の美少女コスプレイヤー・紗愛「大事故だった初めてのコスプレ」 – マイナビニュース

キュートなルックスとセクシーなコスプレ写真でSNSを中心に人気を博す、Twitterのフォロワー数が23万人超 … …