Home その他 「マシュマロ」がバージョンアップ、送信ユーザーをフォロワーに限定する機能を追加 – INTERNET Watch

「マシュマロ」がバージョンアップ、送信ユーザーをフォロワーに限定する機能を追加 – INTERNET Watch

9 second read
0
23

 「マシュマロ」に、メッセージの送信元をフォロワー限定にする機能が追加され、ユーザーから好評だ。

 匿名メッセージツール「マシュマロ」は、身元を明かさずにTwitter経由でメッセージを送信できることが売りだが、これまでは匿名であることを悪用し、誹謗中傷を送信するトラブルが多発していた。これらは「焼きマシュマロ」や「毒マシュマロ」などと呼ばれ、AIを用いたワード単位のフィルタリングが行われていたものの、少なからずユーザーの離脱を招く要因となっていた。今回の機能追加では、送信可能なユーザーをTwitterのフォロワー限定、もしくはログインユーザーに限定できるようになり、禁止ワードをくぐり抜けて届くマシュマロをユーザー単位でブロックできるようになる。匿名ツールの限界と言えなくもないが、これまでさまざまな焼きマシュマロを送りつけられてきたユーザーにとっては福音で、SNSでもおおむね好評なようだ。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

前澤友作氏が一千万人超のフォロワーに新事業の提案「みんなで会社作りませんか?」 – エキサイトニュース – エキサイトニュース

〝お金配りおじさん〟こと「ZOZO」創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が24日、自身のツイッターを更新。 … …