Home ユーチューバー 「ユーチューバー」の市場規模、17年は220億円

「ユーチューバー」の市場規模、17年は220億円

6 second read
0
162

 サイバーエージェントの子会社で、若者向けのマーケティング事業のCA Young Lab(東京・渋谷)は30日、動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を投稿して広告収入を得る「ユーチューバー」の動向調査をまとめた。日本の2017年の市場規模は219億円で、16年の2.2倍となった。

ユーチューブは若年層によく視聴されている

 動画の再生回数に応じて得られる広告収入(ユーチューブ広告収入)、広告主とのタイアップ動画の制作によるタイアップ広告収入などの合計を市場規模とした。217億円のうち6割をユーチューブ広告収入、3割をタイアップ広告収入が占める。22年は579億円に成長する。

 また、日本で1万人以上の登録者を抱えるユーチューブチャンネルは、17年12月時点で4063件だった。ユーチューブは若年層によく視聴されており、彼らに商品・サービスをアピールしたい企業が広告を出稿しているとみられる。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

パイオニア・カロッツェリア、「楽ナビ」を5年ぶりのフルモデルチェンジ – レスポンス

パイオニアは4月15日、カロッツェリア「楽ナビ」を5年ぶりにフルモデルチェンジした。HD解像度(1280×72 … …