Home モデル 「大阪モデル」運用見直しへ|NHK 関西のニュース – nhk.or.jp

「大阪モデル」運用見直しへ|NHK 関西のニュース – nhk.or.jp

6 second read
0
14

大阪府は、新型コロナウイルスの感染が広がり、再び、休業要請などを行うために設けた独自の基準「大阪モデル」の運用を見直し、注意喚起を行う際の判断に3つの基準のうちの1つを活用しないことにしました。

「大阪モデル」は、大阪府が新型コロナウイルスの感染の広がりを確認し、店舗などに休業要請を行ったり、解除したりするために設けた府独自の基準で、現在は、休業要請の解除を進める「緑色」となっています。
大阪モデルでは、再び感染が拡大した場合に備えて設けた、3つの基準のうち、1つでも基準を上回ると、注意喚起をする「黄色」、3つすべて上回ると休業要請を段階的に行う「赤色」にするとしています。
ところが、▽感染経路がわからない感染者の数が、前の週と同じか、上回ることとしていた基準について、直近1週間の平均で計算するため、24日の感染者が0人でも、注意喚起をする水準に達してしまうことになりました。
このため、大阪府は運用を見直すことを決め、今後は、いずれも直近1週間の平均で、▼感染経路がわからない患者の数が5人以上、▼検査の陽性率が7%以上の、2つの基準のうちの1つを満たした場合に「黄色」となり、▽感染経路がわからない感染者の数が、前の週と同じか、上回ることとしていた基準は、活用しません。
これについて大阪府は、「感染規模が小さいにも関わらず注意喚起をしては、かえって府民の混乱を招きかねないため運用を見直した」としています。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

坂本冬美、ユーチューバーに 自宅から配信、素の私 – 朝日新聞デジタル

 演歌歌手の坂本冬美さんは、4月半ばに「ユーチューバーデビュー」しました。新型コロナウイルスの影響で公演やテレ … …