Home ブロガー 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」発表! – 投資信託の投信資料館

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」発表! – 投資信託の投信資料館

2 min read
0
234

.iqgwl6003517b0c6cc
margin-bottom: 1.5em; padding: 0px;

@media screen and (min-width: 1201px)
.iqgwl6003517b0c6cc
display: block;

@media screen and (min-width: 993px) and (max-width: 1200px)
.iqgwl6003517b0c6cc
display: block;

@media screen and (min-width: 769px) and (max-width: 992px)
.iqgwl6003517b0c6cc
display: block;

@media screen and (min-width: 768px) and (max-width: 768px)
.iqgwl6003517b0c6cc
display: block;

@media screen and (max-width: 767px)
.iqgwl6003517b0c6cc
display: block;

2021年1月16日、「<a href="https://www.toushin.com/glossary/toushishintaku/" title="Glossary: とうししんたく" data-tooltip="投資信託とは、たくさんの投資家から集められたお金を一つにまとめ、運用の専門家である投資信託会社が株式や公社債など金融・証券市場で運用し、その成果を分配金として投資家に還元する仕組みの金融商品。 全て読む” class=”glossaryLink “>投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」受賞ファンドが発表されました。今年はコロナ禍ということでオンラインでの受賞ファンド発表となり、約200名の投信ブロガーがオンラインでの表彰式に参加しました。また、上位5位ファンドの<a href="https://www.toushin.com/glossary/itakukaisha/" title="Glossary: いたくかいしゃ" data-tooltip="(…) 全て読む” class=”glossaryLink “>運用会社各社からのビデオメッセージなどが公表されました。

投信ブロガ−が選ぶ!Fund of the Yearは、インターネットで投資<a href="https://www.toushin.com/glossary/shintaku/" title="Glossary: しんたく" data-tooltip="(…) 全て読む” class=”glossaryLink “>信託についての情報、意見、評価などを積極的に発信している投資信託のブロガーたちが自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。2007年に最初の投票が行われ、今回(2020年)で14回目となります。

投票者である各ブロガーは5ポイントの持ち点を有し、このポイントを自分の支持する投資信託に投票し、その合計点により受賞ファンドが決定します。2020年の総投票数は190、有効投票数は185名でした。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020 受賞ファンド

2020年のFund of the Year 受賞ファンドは、三菱UFJ国際投信の運用する「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」で、2年連続での受賞となりました。また、上位10位までのファンドのほとんどが低コストの<a href="https://www.toushin.com/glossary/indexfund/" title="Glossary: いんでっくすふぁんど" data-tooltip="インデックスファンドとは、日経平均株価などのインデックス(指数)に連動した運用成果をめざす投資信託のこと。インデックス型ファンドとも呼ぶ。ETF(上場投資信託)もインデックスファンドである。 全て読む” class=”glossaryLink “>インデックスファンドで占められる中、<a href="https://www.toushin.com/glossary/active/" title="Glossary: あくてぃぶうんよう" data-tooltip="アクティブ運用とは、ファンドマネージャーが独自の知識・経験・ノウハウを活用して投資判断を下し、市場平均であるベンチマークを上回る投資成果を目指す運用のこと。アクティブ運用では、一定の仕組みやコンピュータープログラムによる機械的な運用は行わない。これに対して、ベンチマークに連動する投資成果を目指す運用をインデックス運用やパッシブ運用と呼ぶ。  全て読む” class=”glossaryLink “>アクティブ運用の「ひふみ投信」が第5位、「農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおふね」が第10位にランクインしました。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」上位10位ファンドは次の通りです。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020 →http://www.fundoftheyear.jp/2020/

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

お笑い芸人スリムクラブYouTubeチャンネル「スリムクラブの心の癒しチャンネル」を2021年3月1日(月)に開設 – PR TIMES

  開設日は真栄田賢(スリムクラブ)45回目の誕生日3月1日(月)に決定! 「2010年M-1グラン … …