Home ユーチューバー 「楽して稼げる」職業? なぜ子供はユーチューバーになりたいのか(LIMO) – Yahoo!ニュース

「楽して稼げる」職業? なぜ子供はユーチューバーになりたいのか(LIMO) – Yahoo!ニュース

9 second read
0
25

7月は七夕に願い事をすることもあり、何かと親子で将来のことについて話し合う機会も増えます。短冊に将来の夢を書く子も多いことでしょう。

その「子供たちの将来の夢」に関する調査で、最近取り上げられることが多いのがYouTuber(ユーチューバー)です。将来の夢に関するランキングを参考にしながら、なぜ子供はユーチューバーになりたいのかを見ていきます。

インターネット調査で目立つユーチューバーの躍進

子供の将来の夢に関するランキングには、ざっくり言って作文コンクール系で集計したものとインターネットリサーチの2種類があります。

前者タイプである第一生命の「夏休みこどもミニ作文コンテスト」では、ユーチューバーは上位にランクインしていません。こうした作文系は保護者や学校の先生が目を通すこともあり、子供も”忖度”して本当の夢を書いていない可能性も考えられます。

また、NPO法人日本FP協会の「夢をかなえる」作文コンクールでも、小学生男子のランキングにユーチューバーが登場したのは、2017年度と2018年度でそれぞれ6位。しかし2019年度にはランクインしていません。

一方、インターネットリサーチでは大人の目を気にせず自由に答えられる面があります。ソニー生命調べの「第2回 中高生が思い描く将来についての意識調査2019」では、男子中学生の1位がユーチューバーなどの動画投稿者、女子中学生でも7位になりました。

2017年に行った第1回では3位と10位であったことを考えると、2年間でユーチューバーに憧れる中学生が増加していることがわかります。

加えて、大谷教育大学がネットエイジア株式会社の協力のもと幼児や小学生を持つ保護者向けに行ったアンケートのうち、「子供が就きたい職業」の項目では小学生高学年男児の将来なりたい職業でユーチューバーが1位になっています。

いつでも見れる身近な人気者

今は昭和時代のようにクラス全員が見るテレビ番組もなく、クラスの女子全員が熱狂的に応援するアイドルもいなくなりました。そこにユーチューバーが登場したことで、子供の嗜好の多様化が一気に進んだ感は否めません。

子供たちが憧れるユーチューバーは昔のテレビスターとは異なり、好きな時にスマホやタブレットで会える身近な人気者です。世間の注目を一身に集めたかつてのスターのように「きらびやかな場所にいる特別な存在」という雰囲気もなく、普通に街にいそうな人たちが楽し気なことをしてお金を稼いでいると子供の目には映るのでしょう。

また、テレビで活躍している芸能人が続々とYouTubeで自分のチャンネルを開設していることもあり、芸能人とユーチューバーの垣根が壊れてきています。

生まれた時からスマートフォンもある今の子供にとって、テレビで見るタレントとネット上で見るユーチューバーの境目はなくなりつつあるのです。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

テイクアウト、料理、ペットなど モデル独自のストレス解消法とは?|JJ(magacol) – Yahoo!ニュース

今や自宅でゆっくりする時間こそ、自分と向き合う大切なルーティン。気持ちをアゲたりキレイになったり…チームJJの … …