Home モデル 「花園」で生まれた名勝負 スクールウォーズのモデルも – 朝日新聞

「花園」で生まれた名勝負 スクールウォーズのモデルも – 朝日新聞

6 second read
0
14

 冬の「花園」といえば、ラグビーファンならずとも風物詩。年の瀬をまたいで、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開催される「全国高校大会」のことを指す。多くの名勝負があったが、伏見工高(京都)が1980年度の第60回大会を制するまでの過程は84~85年に放送されたテレビドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルとなった。

 1971年にあった「伝説」のイングランド戦を経験した元日本代表FWの山口良治(よしはる、76)が、京都の伏見工高へ教諭として赴任。当時は荒れた無名校だった。

 75年、山口が監督に就任した最初の公式戦は0―112。屈辱的な滑り出しとなった。しかし、「選手を見捨てるわけにはいかない。『これが自分の子だったら……』とぶつかった」。部員と山に登り、滝に打たれた。寺で木魚をたたき、全員の音が一つに重なるまで繰り返した。

 「信は力なり」

 貫いたのは、日本代表で、大西鉄之祐監督から教わった精神。監督に就いて5年後、80年度の第60回大会で念願が実を結ぶ。前年度に続く2回目の出場。準々決勝で伝統校・秋田工高に16―10で競り勝ち、自信を深めた。決勝へ初めて駒を進めた。

 ただ、山口は不安に駆られた。大黒柱の司令塔・平尾誠二が足を負傷し、まともに走れる状態ではなかったからだ。勝てるだろうか――。

■劇的トライで日…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

MachiTagで、浅草の”いい感じ”なローカルグルメスポットが見つかる!浅草エリアを中心としたローカルネタを配信する「言いたいことやまやまです」との連携開始! – 時事通信

[ジギョナリーカンパニー株式会社] URL: https://tinyurl.com/machitag-iit … …