Home ユーチューバー 「英語で北朝鮮の実情を伝えたい」…ユーチューバーに転身する脱北者たち(朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

「英語で北朝鮮の実情を伝えたい」…ユーチューバーに転身する脱北者たち(朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

4 min read
0
269

■「2020年腐敗認識指数」韓国33位、北朝鮮170位、日本は?

 最近はパクさんのように英語のユーチューブ・チャンネルを通じて北朝鮮の実情を国際社会に伝える脱北民が増えている。彼らの英語チャンネルは米国はもちろん、全世界の若者に北朝鮮問題への関心を持たせているという。

 北朝鮮で労働党39号室(党の財政経理部で外貨獲得機関)の元幹部だった父と共に北朝鮮を脱出し、現在は米ワシントンに住むイ・ヒョンソンさんとソヒョンさん兄妹も昨年末「ビョンハッタンTV」を開設した。平壌で金星(クムソン)学院、外国語学院、金日成(キム・イルソン)大学を経て海外にも留学した二人は自らの経験に基づいて北朝鮮の実情を伝えている。金正恩(キム・ジョンウン)政権の残酷さや人権問題の実態についても批判している。

/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZmargin-top:20px;
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.bKFEDnwidth:990px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgddisplay:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMcowidth:25%;padding:0 8px;
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGYdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .ickGY:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .ickGY::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;.exrhXLdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .exrhXL:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .exrhXL::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;.jhZTmadisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .jhZTma:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .jhZTma::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;.KjZLfdisplay:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid; .KjZLf:hoveropacity:var(–hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none; .KjZLf::aftercontent:”;display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYqdisplay:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpddisplay:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYPmargin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmqdisplay:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbIborder-left:1px #3c4147 solid;
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRIdisplay:block;padding:0 10px;color:#fff; .JliRI:hovercolor:#fff;
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdydbackground-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visitedcolor:#639; .gaFnxp:hovercolor:#cc3434;

 脱北民たちが出演する人気芸能番組を通じて有名になったチョン・ユナさんが昨年末に立ち上げた「Yuna from DPRK」、パク・ウンヒさんの「Eunhee from North Korea」などがよく知られている。江原道元山出身のパク・ウンヒさんは2012年に脱北し、韓国では中央大学に通いオーストラリアでの語学研修も経験した。

 10代後半で北朝鮮を脱出し、ソウル大学を卒業したホ・ジュンさんが英語、または英語の字幕と韓国語で進行している「Humans of North Korea」も注目を集めている。中でも2017年5月にホさん自ら出演し、北朝鮮住民に対する韓国人たちの反応を紹介した映像はアクセスが1000万回を超えた。登録者数も24万人に達している。

 英国駐在の北朝鮮公使だった韓国野党・国民の力所属の太永浩(テ・ヨンホ)議員も先日自らのユーチューブ・チャンネル(太永浩TV)を立ち上げ、英語で動画を配信している。中国を通じて12人の従業員が集団で脱北した柳京(リュギョン)レストランの元支配人ホ・ガンイルさんもニューヨークを拠点に「Change North Korea」を立ち上げ、北朝鮮の実情を紹介している。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

都市封鎖法制を求める声も 「人頼み」の日本モデルに限界 – 産経ニュース

会見を終え降壇する菅義偉首相。右は政府分科会・尾身茂会長=30日午後、首相官邸(春名中撮影) 政府が新型コロナ … …