Home モデル 「読モあがりのくせに」陰口にめげず、転身したアラサー女性の話 (2020年9月24日) – エキサイトニュース – エキサイトニュース

「読モあがりのくせに」陰口にめげず、転身したアラサー女性の話 (2020年9月24日) – エキサイトニュース – エキサイトニュース

9 second read
0
22

 ライターの高木沙織です。20代後半、某ファッション誌の読モ(読者モデル)をしていた私の話も今回が最終話。

 期間としては3~4年くらい細々と、ごくたまに撮影に呼んでもらえるような読モだったけれど、この肩書があったおかげで未経験でありながらライターの仕事に就けたといっても過言ではありません。

 話は今から10年前にさかのぼります。

◆体力的に仕事がキツくなり、転職を考えるように

 某大人向けファッション誌の読モにと声をかけてもらったときの私はまだ航空会社の地上職員をしていたのだけど、何年も前から転職のことを考えるようになっていました。

 仕事は好き。でも、時間と場所に縛られすぎたこと、体力に自信がなくなってきたこと。抜けない疲労・ストレスから扁桃腺の腫れと高熱を頻繁に繰り返すようになってきていて、この先ずっと続けていける仕事ではないな、と考えるようになった5年目くらいでしょうか。

 子どもの頃から本を読むのが大好きだった私は「書くことに関わる仕事に就きたい」と強く思うようになったのです。

『SEX and the CITY』にドハマリしていた時期でもあり、主人公のひとり・キャリーのようなコラムニストの仕事に憧れを抱いていたというミーハー心がちょっとだけあったのはここだけの話。いや、ニューヨークへひとり旅をしたときに聖地巡礼とばかりにロケ地まで行ってしまったくらいだから“ちょっと”どころのミーハー心ではなかったのかもしれません。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

伊藤健太郎釈放の署は警備強化 ユーチューバー対策 – ニッカンスポーツ

警視庁東京湾岸警察署から釈放されマスクを外す伊藤健太郎(撮影・中島郁夫) 29日に自動車運転処罰法違反(過失傷 … …