Home モデル 「CREUX AUTOMATIQ(クリュ オートマチック)」の最新限定モデルが数量限定で受注受付再開。 – PR TIMES

「CREUX AUTOMATIQ(クリュ オートマチック)」の最新限定モデルが数量限定で受注受付再開。 – PR TIMES

1 min read
0
13

「CREUX AUTOMATIQ(クリュ オートマチック)」は2年間の開発期間をかけて製作されたスイス製の腕時計です。全ての時計には「Swisstech社」が「CREUX AUTOMATIQ(クリュ オートマチック)」専用に開発、設計したムーブメントが搭載されています。

今回、予約受付再開となったCA-09は、毎シーズン即完売を記録しているGHOSTコレクションの最新モデルです。昨年の12月に、世界限定80本のうち、5本が日本で販売され、即完売となっていました。当時から本国の受注状況により追加販売の可能性がある事を公表していましたが、この度日本に向けて極少数が新たに追加される運びとなりました。

CREUX AUTOMATIQ日本輸入総代理店である、プリンチペプリヴェ公式オンラインストアにて予約受付を再開しています。

プリンチペプリヴェ公式オンラインストア
https://principe-prive.com/collections/creux-automatiq/products/ca-09

すべての時計にシリアルナンバーが刻印されており、同モデル専用のケース、2年間の日本正規保証が付属しています。
 

  • ケースデザイン

GHOSRシリーズのケースデザインは、現代のスポーツカーデザインに見られる滑らかな曲線と傾斜面からインスピレーションを得ています。クラウンガードと対になった前衛的な形は、Creux Automatiqのシグネチャーデザインです。 ケースはチタン製のマイクロブリルサンドブラスト仕上げで、以前のステンレススチールゴーストモデルよりも軽量になっています。 また、10気圧(100メートル)の耐水性に起因する、マット仕上げのねじ込み式リューズも備えています。ベゼルはセラミック製で、艶消し仕上げにするためにサンドブラスト加工されており、セラミックが鏡のような仕上げで高度に研磨されている時計製造の標準から外れた独自の審美眼によって製作されています。
 

ダイヤルは視認性を優先して設計されています。 それは特殊なアンチグレアシステムで二重コーティングされた耐スクラッチサファイアクリスタルを特徴とします。 3Dインデックスと針が丁寧に肉抜きされた台座に設置され、文字盤に浮かぶ「ゴースト効果」を与え、その下の時計機構を深く見ることができます。 すべての指標は、夜間の視界を助けるために自然光の下で充電する最高級のスーパールミノバで処理されています。 秒ダイヤルは9時位置に表示され、デザインのバランスを取ります。スケルトンの日付表示ウィンドウは6時位置に表示されます。
 

  • ムーブメント

GHOSTシリーズはスイス製のCA S24-SK8自動巻きムーブメントを搭載し、Creux Automatiq用にムーブメント開発者Swisstechによって設計および製造されました。 ムーブメントは、36時間のパワーリザーブを誇り、28800A / H、33ジュエル、3針デートシステムです。 ギアとメカニックは、ブラックとガンメタルのPVD、ブラッシュ仕上げ、ポリッシュ仕上げの組み合わせで上品に仕上げられています。
 

  • スペック

モデル名:GHOST V3 CA-09
販売価格:352,000円(税込)

ケースサイズ:45mm x 50mm x 12mm
ケース素材: チタンケース / セラミックベゼル
ストラップ:グレー革
ガラス:サファイアガラス(反射防止加工)
防水:10ATM (100m)
蓄光:Super-LumiNova
ムーブメント:Swisstech S24-SK8
生産国:Switzerland
 

  • ギャラリー

 

  • 販売店舗

プリンチペプリヴェ公式オンラインストア
https://principe-prive.com/collections/creux-automatiq/products/ca-09

※予約上限に到達次第、完売表示となります。
※ページにアクセスした時点で完売となっている場合があります。
 

  • 「CREUX AUTOMATIQ(クリュ オートマチック)」について

Creux Automatiq(クリュ オートマチック)は、アムステルダムで130年以上続くジュエリーメーカー「Culet Jewellery(クレッツ ジュエリー)の新しい事業として ”手軽な価格で高性能の腕時計を製作すること” をコンセプトとして2009年に始まりました。 
デザイナーの「ダン ランブル」が率いるチームはスイスの時計工場で2年間かけてムーブメントの精度、ケースの製造、そして高品質の時計を構成するさまざまな素材やコンポーネントについて知っていることすべてを学びました。この知識を基に、彼らは古典的であるだけでなく、現代のデザインの要素を伝えるユニークで前衛的なデザインをまとめました。 
アウトドアと冒険に情熱を傾けているランブルは、ル・ソリアのスイスの「Creux du Van(クリュ デュ ヴァン」渓谷をハイキングするときに名前を思い付きました。スケルトンのムーブメントと文字盤のおかげで、「Creux」または英語の「hollow」もブランドの最初の時計、「The Ghost CA-01」とマッチしました。 
Ghostのケースデザイン(現在はCreux Automatiqブランドのシグネチャです)は、2009年にランブルのホームワークショップで最初に作られ、堅牢な純銀製のスライバから鋳造されました。そして今日に至るまで、そのオリジナルデザインは忠実に守られています。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

坂本冬美、ユーチューバーに 自宅から配信、素の私 – 朝日新聞デジタル

 演歌歌手の坂本冬美さんは、4月半ばに「ユーチューバーデビュー」しました。新型コロナウイルスの影響で公演やテレ … …