Home インスタグラマー 「GAFA分割論」に言及 初来日のインスタグラム責任者 – Engadget 日本版

「GAFA分割論」に言及 初来日のインスタグラム責任者 – Engadget 日本版

18 second read
0
7

2020年の米大統領選挙への立候補を表明している米民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員が、GAFA(Google・Amazon・Facebook・Apple)を分割すると公約した件について、初来日したInstagram(Facebook傘下)の責任者、アダム・モッセーリ氏は『あまり不安視はしていない』とコメントしました。

ウォーレン上院議員は、巨大になりすぎたGAFAが、他のイノベーションを阻害していると問題視しています。

例えば、プラットフォームを提供する側でありながら、自社もそのプラットフォームを使ってビジネスを展開し、他社に比べて有利な条件で事業を展開している点。そして、FacebookがInstagramの買収によってSNSの寡占を招いていることなどが、業界の競争を違法に生じにくくしているとして、こうした状況をなくすための「GAFA分割」を公約として掲げています。

この流れについてアダム氏は『(大統領選に出馬を表明している候補者が)私達のプラットフォームであるInstagramとFacebookを分離するという主張をしているが、あまり不安視はしていない。大切なのは安全性。FacebookとInstagramは一体であるほうが安全である』とコメント。

Facebookでアカウントの悪用を検知すると、同じ会社であるInstagramでも連動して対処される点を挙げ、一緒だから安心安全なプラットフォームであり続ける可能性が高いと語りました。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

全身ヒョウ柄のユーチューバーが岩手に引っ越してきた!“変なやつ”の実態を調査 – www.fnn.jp

人口1万5000人の町&# … …