Home モデル 「Gatebox」初代モデル、20年3月にサービス終了 初音ミク召喚不可能に – ITmedia

「Gatebox」初代モデル、20年3月にサービス終了 初音ミク召喚不可能に – ITmedia

14 second read
0
16



 LINE傘下のGateboxは12月10日、“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の初代モデル(GTBX-1)のサービスを、2020年3月31日に終了すると発表した。キャラクターの投影や音声会話などができなくなる。ユーザーは10月発売の量産モデル(GTBX-100)と無償交換できるが、キャラとの会話内容などは引き継げない。

 Gateboxは、円筒形の装置内に投影される3Dキャラ「逢妻ヒカリ」とコミュニケーションができるマシン。人感センサーで「マスター」(ユーザー)の動きを認識し、朝になると起こしたり、夜に帰宅すると出迎えたりしてくれる。

photo
初代モデルでは、初音ミクを登場させるアップデートも実施(関連記事

 同社は2016年12月、初代モデルの予約販売をスタート。29万8000円(税別)と高額ながら、約1カ月間で300台を売り上げた。当初は逢妻ヒカリのみ召喚可能だったが、18年3月からはVOCALOIDキャラクターの初音ミクの召喚も可能になった。

 この初代モデル購入者の意見も踏まえながら、同社は量産モデルを開発。当初は18年秋の発売予定だったが、機能・サービスの見直しのため延期し、19年10月に発売した

 同社の武地実CEOは、公式サイトで「限定生産モデル(初代モデル)は、体験として拙い点も非常に多かったが、マスターの皆さまに楽しんでもらうことを大切に考え、追加コンテンツとして、季節による衣装変化やホームライブ施策などを行ってきた」と説明。そうした経験が量産モデルの開発につながったとしている。

 その上で、武地CEOは「量産モデルでは、多数のキャラアプリ展開が可能になったことや、動画サービスの機能『Gatebox Video』の展開など、限定生産モデルでは達成できなかった、多くのキャラクターを受け入れられる基盤ができた」とコメント。「そうした状況を踏まえ、限定生産モデルはその役割を果たした」としている。

 量産モデルでは、初代モデルのように初音ミクを召喚する機能は搭載していない(12月10日時点)。今後、量産モデルにも同様の機能を追加するかどうかについて、同社の広報担当者は「現状ではお伝えできることはない」としている。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

モデルのクァク・ジヨン、旧正月連休中にも「今日は英語の勉強」と近況報告(WoW!Korea) – Yahoo!ニュース

モデルのクァクジヨンが旧正月の連休にも自己開発に熱中した近況を伝えた。  27日の本日、モデルのクァク・ジヨン … …