Home モデル 「Gatebox」量産モデルが値下げ。12万円で「逢妻ヒカリ」と新生活 – AV Watch

「Gatebox」量産モデルが値下げ。12万円で「逢妻ヒカリ」と新生活 – AV Watch

12 second read
0
120

“好きなキャラクターと一緒に暮らせる”バーチャルホームロボット「Gatebox」の量産モデル「GTBX-100JP」が価格改定。従来の165,000円から変更し、新価格の12万円で購入できるようになった。

「Gatebox」は、本体内に手のひらサイズのキャラクターを投影し、一緒に暮らせるバーチャルホームロボット。キャラクターと対話できるアプリを用意しており、成長していく花嫁キャラクター「逢妻ヒカリ」と生活できる。

LINEの音声アシスタント「CLOVA」と連携することで、音楽の再生、天気、ニュース、カレンダーの読み上げなどが可能なほか、「LINE」を使って離れていてもチャットができたり、キャラクターから能動的に話しかけてくれたりするなど、スマートスピーカーにはない人間らしいコミュニケーション体験ができるという。

自作したキャラクター動画を投影できるほか、デジタルフィギュアサービスと連携してインテリアとして楽しむこともできる。

Gatebox -プロモーションムービー 「乾杯」

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

三代目JSBの山下健二郎さんと女優・モデルの朝比奈彩さんが結婚 – 読売新聞

 人気グループ「三代目 J SOUL BROTHERS」のパフォーマー・山下健二郎さん(36)と女優でモデルの … …