Home モデル 「Raspberry Pi」を使った火星探査機「Curiosity」の小型モデル–NASAが設計図を公開 – ZDNet Japan

「Raspberry Pi」を使った火星探査機「Curiosity」の小型モデル–NASAが設計図を公開 – ZDNet Japan

16 second read
0
218

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「Curiosity」打ち上げから7年が経ち、一般ユーザーが自分で組み立てられるミニ探査機が登場した。25億ドルが投じられたオリジナルプロジェクトとは違い、個人の手の届く価格で提供されている。

 NASAのジェット推進研究所(JPL)が手がける「Open Source Rover Project」が、6輪を備えたCuriosityの小型モデルの設計図と組み立て方法を公開した。

 JPLによると、今回のプロジェクトをオープンソース化することで、一般の人々にも宇宙探査ロボットの組み立てに必要な感覚を体験してもらえるという。

(本記事は、TechRepublic Japanで2018年8月9日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます。)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ベラルーシ大統領選、野党への弾圧強まるも集会に数万人 – BBCニュース

2020年7月31日 画像提供, EPA 東欧ベラルーシの首都ミンスクで30日、8月9日の大統領選を前に、強権 … …