Home モデル 【いま見たいドラマ】「薄っぺらい人間」と言われたモデルの“生まれ変わり”ストーリー 「私はラブ・リーガル」に勇気づけられる(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

【いま見たいドラマ】「薄っぺらい人間」と言われたモデルの“生まれ変わり”ストーリー 「私はラブ・リーガル」に勇気づけられる(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

7 second read
0
30

転生したら弁護士になった!?

 がんばるオトナたちのための、ハッピーでポップなリーガルドラマ「私はラブ・リーガル」。自分に似合うメイクの研究に寝る前のパック、もちろん歯のホワイトニングだって欠かさない!――外見を磨くあなたはとっても素敵。だけど……。

 ストイックにモデルを目指していたデビーは、スタイル意地にもメイクにも余念がなく、外見を磨くことにすべてを賭けていた。恋人のグレイソンともラブラブで、順風満帆の日々。しかしモデルのオーディション会場へ向かう途中、よそ見運転が原因でトラックに衝突してしまう。

 気がつくと、そこはもう天国の門。そこでは天国の門番である天使たちがコンピュータに向かい、死者たちの生前の行いのデータに基づいて、天国ゆきか地獄ゆきかをジャッジしていた。デビーの担当天使フレッドは、彼女の生前のデータをみて驚く。「良い行い」も「悪い行い」もデータにない、超レアなケースだったのだ。「つまり君って、超うすっぺら人間なんだね!」そんなフレッドの言葉にムカついたデビーは、彼の隙をついて人間の世界に逆戻りできる「リターンキー」をたたく。

 一方敏腕弁護士のジェーンは、同じくストイックに仕事仕事の毎日。オシャレには目もくれず、友達との会話もおろそかになるほど。そんなある日、彼女の働くオフィスに拳銃をもった男が乱入してくる。運悪くつまずいて男に近づいたジェーンは撃たれてしまう。運良く一命をとりとめ、病院で目覚めたジェーン……と思いきや、中身はリターンキーを押して人間界に戻ってきたデビーの魂だった!

 そう、このお話は、自分とは全く違う女性として生き返ってしまうことになるストーリー。デビーは、現実も新しい外見も受け入れられず、自分のお葬式に参列する。そこで、元モデル仲間たちが「自己中だった」などと自分の悪口を言っているのを聞いてしまう。自分自身と心優しく才気に満ちたジェーンの性格を比べ、「私って本当にうすっぺら人間だったのかも……」と反省する。

 そうして心機一転、デビーは生まれ変わった”ジェーン”として生きることを決意。仕事に対しても人に対しても真剣に向き合い始める――。

 デビーは「からっぽ」と評されながらも、友達想いで明るく前向き。言われたことを素直にうけとめ、よりよい自分になろうと努力する彼女をついつい応援したくなってしまう(ちなみにジェーンの魂は別の女性のカラダの中にはいることになるんだけど……気になる人はシーズン5をチェックしてみてね!)。

 ジェーンの知性にデビーの大胆さが加わり、次々と裁判で結果を残してゆく様子は、爽快感MAX。あっというまに全シーズン完走してしまうはず。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

岩井俊二「ユーチューバーに元気もらった」コロナ禍で映像のプロが気づいたこと〈週刊朝日〉(AERA dot.) – Yahoo!ニュース

 コロナ禍の公開となった映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語」を手掛けた岩井俊二監督。生活スタイルや心境にどん … …