Home モデル 【なにこれ珍モデル】アストン マーティン・シグネット 実は正解? 環境規制と、小規模メーカーが生き残る道 – ニュース – http://www.autocar.jp/

【なにこれ珍モデル】アストン マーティン・シグネット 実は正解? 環境規制と、小規模メーカーが生き残る道 – ニュース – http://www.autocar.jp/

12 second read
0
112

もくじ

シグネットは何だったのか
どのメーカーにも小型車が必要?

シグネットは何だったのか

text:Jim Holder(ジム・ホルダー)

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

アストン マーティン・シグネットを覚えているだろうか?

2011年に発売されたこの風変わりな3ドアハッチバックは、トヨタiQをベースにしていたが、価格は倍以上の3万ポンド(423万円)オーバー。

アストン マーティン・シグネット

マーケティング担当者は、アストンのブランド力、スタイリング、豪華な内装を施すことで、価格に見合った価値があると判断したようだ。

生産台数は150台未満。2013年には、シグネットの生産は中止された。

当時のCEOであるウルリッヒ・ベズが率いるアストンは、寝不足で白昼夢でも見ていたのだろうか?それとも、本当はシグネットの思想は正しくて、単にタイミングを間違えてしまっただけなのだろうか?

もし生まれてくる時代を間違えただけだとしたら、10年後には別のメーカーが高級コンパクトカーを作っているのだろうか。

可能性はある。大量生産、低利益の小型車は、高級車やスポーツカーを作るメーカーにとって興味のない存在だろうが、業界に120年に一度の変革期が訪れている今、彼らには選択の余地がないのかもしれない。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【ZARA高見えトップス】おしゃれ読者ブロガーの“一目惚れ”アイテム(集英社ハピプラニュース) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

【ZARAトップス】華組 CNさん タイプライターのような高見え素材の一目惚れブラウス。シンプルなものより、ち … …