Home モデル 【アウディ Q8】日本法人社長「Qモデルシリーズの新たなフラッグシップ」 – レスポンス

【アウディ Q8】日本法人社長「Qモデルシリーズの新たなフラッグシップ」 – レスポンス

20 second read
0
34

アウディジャパンは新型SUV『Q8』を9月3日に発売すると発表した。価格は992万-1102万円。アウディジャパンのフィリップ・ノアック社長は7月3日に都内で開いた発表会で「よりスポーティーでスタイリッシュなSUVを求める新しい市場に対するアウディの応えだ」と述べた。

ノアック社長は「ただスポーティーで力強いだけでなく、エレガントそしてスタイリッシュなモデルに仕上がった。Q8はQモデルシリーズの新たなフラッグシップ」とQ8を紹介。

その上で「Q8はアウディが市場で最も先進的なブランドのひとつであることの証であり、そしてもちろん新しいお客様をアウディに引き寄せてくれると確信している」と期待を寄せた。

Q8の特徴であるクーペスタイルのデザインに関してノアック社長は「シングルフレームグリルは8角形に進化した。そしてフロントグリルとの一体感が高まり、力強さと個性を表現している。Q8の全高はQ7よりも30mm低くなっている。そしてルーフはリアに向かって流れるようなラインを描き、クーペのようなフォルムを生み出している。アウディの製品ラインアップの中で最も存在感があり、魅力的な一台だ」とした。

その一方で「Q8は最良のサルーンのようにスムーズで自然で快適であり、しかもスポーティーなクーペのような走行性能も備えている」とも指摘。

具体的には「パワフルな3リットルTFSIエンジン、そして8速オートマチックトランスミッション、もちろんフルタイム4WDを組み合わせている。様々な条件のもとでも安心でダイナミックな運転を可能にしている。日本にとってはとても大事な特徴だと考えている。そして4輪操舵システムを採用したサスペンションは快適な乗り心地と街中でも容易な取り回しを実現している」と解説した。

また日本に導入されるQ8には48Vのマイルドハイブリッドシステムも搭載しており、「時速22km以下の速度でエンジンを停止させるとともに、高速道路では最大40秒間、エンジンを停止させることで燃料を節約することができる」とのことだ。

さらにノアック社長は「Q8は大型SUVならではの広いスペースと実用性を備えている」とし、「5人が快適に乗車可能で、またリアシートを折りたたむとラゲッジスペースは1700リットル以上に拡大することができる」と話していた。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

UQ mobileの端末割引は「検討中」 秋冬モデル発売までに発表? – ITmedia

 UQコミュニケーションズが、10月15日に「UQ mobile」向けの2019年秋冬モデルを発表。企画部門 … …