Home モデル 【コラム】SILENT SIREN、バラエティに富んだ活動歴と交流関係が物語る結成10周年の真価(BARKS) – Yahoo!ニュース

【コラム】SILENT SIREN、バラエティに富んだ活動歴と交流関係が物語る結成10周年の真価(BARKS) – Yahoo!ニュース

2 min read
0
21

SILENT SIREN (通称:サイサイ)が9月2日、7枚目のフルアルバム『mix10th』をリリースした。『mix10th』というタイトルは、バンドが今年結成10周年であることから。ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が提供した「聞かせてwow wowを」、Poppin’Partyの愛美(Vo&G)とのコラボ曲「Up To You feat. 愛美 from Poppin’Party」も収録した意欲作だ。

◆SILENT SIREN 画像 / 動画

サイサイのほとんどの曲はすぅ(Vo&G)が歌詞を書いているが、今作はすぅだけでなく、メンバーそれぞれの作詞曲が収録されている。4人の綴る言葉は当然違うが、10年続けてきたバンドに対する想いが垣間見える点は共通。それぞれの立ち位置から同じ方向を見つめていることが読み取ることができるため、聴いていると思わずグッときてしまう。『mix10th』は、オリコン週間アルバムランキング(9/14付)で9位を記録。さらに、YouTubeで公開された「HERO」「聞かせてwow wowを」「Up To You feat.愛美 from Poppin’Party」「Answer」のMVはいずれも100万再生を突破した。

すぅのアイコニックな歌声やキーボードの音色によって、どの曲もポップにコーディングされてはいるものの、バンドのサウンド自体は骨太で、剥き出しの熱さを感じさせるものであることがこのアルバムを聴くとよく分かる。それもそのはず。サイサイは元々、すぅとひなんちゅ(Dr)が10-FEETの「RIVER」をきっかけに意気投合、互いにバンド経験者であることを知ったところから結成されたバンド。彼女たちのルーツのひとつにはパンクミュージックがあるのだ。

サイサイ結成前からファッション誌の読者モデルとしてそれぞれ活動していたすぅ、ひなんちゅ、あいにゃん(B)、ゆかるん(Key)の4人。サイサイは、いわゆる大人の事情によって生まれたバンドではなく、「バンドをやりたい」という本人たちの意志によって集まったバンドだ。しかし“読モ出身”という情報によるパブリックイメージから、ときには、あらぬ誤解をされることもあったそうだ。自分たちのやりたい音楽と、周囲から求められる音楽。バンドの実情と世間からの見え方。それらギャップによる葛藤を、彼女たちが当初から抱えていたことは、過去のインタビュー記事などでも語られている。

しかし、そこで挫けることなく、やりたいことも求められることも全力でやってやろうじゃないか!と振り切ってみせたのがこの4人のすごいところ。冒頭でも触れた「聞かせてwow wowを」は、どんなことにも果敢に挑戦してきた彼女たちの逞しさを象徴しているように思える。多ジャンルをごった煮したドタバタ展開。“メンバー全員が歌える”という特性を活かした歌割り。“もうベッピンベッピンハンサムイケメンベッピンベッピンさん!/キミらめっちゃノリええやん”という、一歩間違えればギャグになりそうな歌詞。曲を書いた鬼龍院もすごいが、これだけ要素盛りだくさんな曲を“ライブでの光景が想像できるハイテンションソング”として成立させることができるバンドは、サイサイ以外にいないのではないだろうか。コミカルな作風に振り切ったMVも見ていて楽しいのでおすすめだ。

その“なんでもあり感”はライブにおいても同様。確かな演奏力でオーディエンスを魅了しながらも、(ヘッドセットマイクでステージ上を動き回るゆかるんを筆頭に)全力で楽しませ、会場まるごと盛り上げてみせるのがサイサイ流のライブエンターテインメントだ。2015年1月には、“メジャーデビューから2年2ヶ月”というガールズ史上最速のスピードで日本武道館公演を開催。以降、武道館→東京体育館→とワンマンの規模を着実に広げていったほか、2019年5月には、Poppin’Partyとのツーマン形式で初のドーム公演を実現させた。また、全国各地のフェスやイベントからもラブコールは途絶えない。<ROCK IN JAPAN FESTIVAL>、<SUMMER SONIC>をはじめとした大型フェスや、<イナズマロックフェス>、<HALLOWEEN PARTY>を筆頭としたアーティスト主催フェス、そして<東京ガールズコレクション>といったファッションイベントなど、ジャンルを問わず積極的に参加。2015年からは毎年恒例の自身主催フェス<サイサイフェス>を開催している。

結成10周年記念の特設サイトには、彼女らの同志にあたるバンドのみならず、LiSA、AKB48の柏木由紀、おぎやはぎの矢作兼、若槻千夏、YouTuberのおるたなchannel、箭内道彦をはじめとした、バラエティ豊かな顔ぶれに加えて、天下一品の木村勉会長や天下一品でコラボしたSUGIZO、そして彼女たちのルーツである10-FEETのTAKUMAなど、計65組の著名人がお祝いコメントを寄せている。この顔ぶれの多彩さ、交友関係の幅広さもまた、サイサイが精力的な活動により、各方面から熱い支持を集めてきたことの証明といえるだろう。

前述の天下一品ではCMキャラクターを務めているほか、『mix10th』リリースに伴い、新進気鋭のイラストレーターHime(ヒメ)がアートワーク風のイラストを書き下ろしするなど、音楽以外のジャンルとのコラボも積極的に行っているサイサイ。そんななか、9月25日には、映画『「もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。」&「HERO DOCUMENTARY FILM」』の公開がスタート。同作で以って4人はスクリーンデビューを果たした。

結成から10年が経つのに、初めての経験がまだまだ出てくるのがこのバンドの面白いところ。おそらくファンの多くは、彼女たちが次にどんな姿を見せてくれるのか、それを楽しみにしているはずだ。枠に囚われてないサイサイの活動は、今後ますます加速していくことだろう。

なお、9月20日に山中湖交流プラザ きららで開催が予定されていた<SILENT SIREN 結成10周年LIVE サイサイ10歳祭 ~てっぺん目指してGO!サイレンGO!~>は新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえて延期となったものの、10月4日には『mix10th』のリリースを記念した生配信ライブ<SILENT SIREN『mix10th』リリースパーティー ~10/4 ジューシーナイトを召し上がれ~>を開催することが決定。今回のアルバムに収録されている新曲もきっと聴くことができるはずだ。こちらも楽しみにしていたい。

文◎蜂須賀ちなみ

■結成10周年記念オリジナルアルバム『mix10th』
・CD:2020年9月2日(水)発売
・デジタル:2020年9月1日(火)配信開始
【初回生産限定盤 (CD+DVD+歌詞付PHOTOBOOK[48P])】UPCH-29364 ¥4,500+税
・CD:全13曲
・DVD:「SILENT SIREN 年末スペシャルライブ 2019 『HERO』@ 横浜文化体育館」ライブ映像収録(全6曲)
女子校戦争 / イブニングスター(2019 New Recording ver.) / NO GIRL NO CRY(SILENT SIREN ver.) / OVER DRIVE / HERO / ALC.Monster
・PHOTOBOOK:バンド結成10周年記念撮り下ろしサイサイ・オリジナルフォトブック(歌詞付48P)
※初回限定トールサイズパッケージ仕様
【通常盤 (CDのみ)】UPCH-20550 ¥3,000+税
・CD:全13曲
【ファンクラブ限定盤 (CD+DVD+サイサイ絵本+GOODS)】PDZN-1024 ¥6,500+税
・CD:全13曲
・DVD:『mix10th』ビジュアルメイキング映像+オリジナルインタビュー
・サイサイ絵本:あいにゃん作 「やくそく」(全48P)
・GOODS:10周年記念オリジナル・クリアボトル for 山中湖
※FC限定スペシャルパッケージ仕様
※CDアルバム封入特典としてメンバー4種類のトレーディングカードをランダム封入(メンバー直筆サイン入りもあり)
▼CD収録曲
01. HERO
 作詞:すぅ 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ
02. sun moon
 作詞:すぅ 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ
03. Up To You feat. 愛美 from Poppin’Party
 作詞:すぅ 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ
04. 聞かせてwow wowを
 作詞・作曲: 鬼龍院 翔
05. mate
 作詞:ひなんちゅ 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ
06. 四月の風
 作詞:すぅ 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ
 ※テレビ東京 ドラマ25 バーチャルYouTuberドラマ『四月一日さん家の』エンディングテーマ
07. てのひら
 作詞・作曲:あいにゃん 編曲:クボナオキ, SILENT SIREN
08. OVER DRIVE
 作詞:ゆかるん 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ
 ※「AbemaTV」レギュラー番組『イマっぽTV』エンディングテーマ)
09. she
 作詞・作曲:すぅ 編曲:クボナオキ
10. 世界で一番不器用なラブソング
 作詞:すぅ 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ
11. CONNECT
 作詞:すぅ 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ
12. cheer up!
 作詞:ゆかるん 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ
13. Answer
 作詞:すぅ 作曲:クボナオキ 編曲:クボナオキ

■映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』&『HERO DOCUMENTARY FILM』
2020年9月25日(金)より渋谷HUMAXシネマほか全国順次公開
出演:吉田菫 梅村 妃奈子 山内あいな 黒坂 優香子
監督・脚本・編集:高橋朋広
音楽:クボナオキ 主題歌:SILENT SIREN「HERO」「恋のエスパー」(ユニバーサル ミュージック/EMI Records)
製作:プラチナムピクセル プロデューサー:山口晋路 撮影監督:高橋祐太 録音:内藤和幸 助監督:金子陽央
衣装:平松正美 ヘア・メイク:長谷阪絵美 効果:岡田淳一
配給:プラチナムピクセル 配給協力:プレシディオ 宣伝:とこしえ
2020年/日本/ヴィスタサイズ/ステレオ/カラー/90分
(C)『もしサイ』&『HERO』製作委員会

■Blu-ray&DVD『SILENT SIREN 年末スペシャルライブ2019『HERO』@ 横浜文化体育館 2019.12.30』
2020年12月23日(水)発売
【初回限定盤Blu-ray (Blu-ray+GOODS)】UPXH-29044 ¥5,900+税
【初回限定盤DVD (DVD+GOODS)】UPBH-29091 ¥4,900+税
・GOODS:<SILENT SIREN 年末スペシャルライブ2019『HERO』>オリジナルデザイン・パスレプリカステッカー
【通常盤Blu-ray (Blu-rayのみ)】UPXH-20102 ¥5,800+税
【通常盤DVD (DVDのみ)】UPBH-20271 ¥4,800+税
※通常盤は初回限定盤終了後の出荷となります。
※収録内容は初回限定盤と同内容となります。
【ファンクラブ限定盤Blu-ray (Blu-ray+CD+GOODS+SPECIAL PHOTOBOOK[68P])】PDXN-1916 ¥8,900+税
【ファンクラブ限定盤DVD (DVD+CD+GOODS+SPECIAL PHOTOBOOK[68P])】PDBN-1913 ¥7,900+税
・CD:ライブアルバム『SILENT SIREN 年末スペシャルライブ2019『HERO』』(全17曲収録予定)
・GOODS:<SILENT SIREN 年末スペシャルライブ2019『HERO』>オリジナルデザイン・パスレプリカステッカー
※豪華68Pスペシャル・フォトブック付き三方背ケース仕様
※ファンクラブ限定盤の注文締め切りは11月12日(木)23:59まで
▼収録内容 ※ライブ本編17曲+アンコール1曲(予定)
本編:Limited / 女子校戦争 / イブニングスター (2019 New Recording ver.) / Attack / NO GIRL NO CRY (SILENT SIREN ver.) / Go Way! / 八月の夜 / AKANE / セピア / OVER DRIVE / 無重力ダンス / DanceMusiQ / 恋のエスパー / HERO / ALC.Monster / フジヤマディスコ / KAKUMEI
アンコール:All Right ~“今”を懸ける

BARKS

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

前澤友作氏が一千万人超のフォロワーに新事業の提案「みんなで会社作りませんか?」 – エキサイトニュース – エキサイトニュース

〝お金配りおじさん〟こと「ZOZO」創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が24日、自身のツイッターを更新。 … …