Home その他 【ヒューマン】キンコン梶原改め“カジサック”、しゃかりき頑張るYouTuber – サンケイスポーツ

【ヒューマン】キンコン梶原改め“カジサック”、しゃかりき頑張るYouTuber – サンケイスポーツ

6 second read
0
118

 ユーチューバー、カジサックことお笑いコンビ、キングコングのボケ担当、梶原雄太(38)が念願の目標達成まであとわずかに迫っている。昨年10月1日に「2019年末までにチャンネル登録者数100万人達成しなかったら芸人引退」を公言してから約8カ月で88万人に到達。動画の制作過程、緻密な戦略、そして、気になる収入…。子供たちの憧れの職業になったユーチューバーの実態を“激白”した。

 赤ジャージーと白タオル姿のカジサックが、小学生がなりたい職業の上位となったユーチューバーに挑戦してから約8カ月。自身のチャンネル「カジサックの部屋」の登録は88万人を超えた。

 「順調すぎます。半年で50万人いっていたら夢のようやなと思っていましたから。お笑い芸人さんが力を貸してくださり、嫁や子供の協力が大きかったです」

 約1年半前、出演したイベントで人気ユーチューバーのフィッシャーズ、水溜りボンドがシークレットゲストで登場すると、観客が狂乱するほど沸いた。その衝撃が挑戦のきっかけとなり、「死ぬ気でやるのをアピールしたかった」と、今年末までにチャンネル登録が100万人に満たなかったら芸人を引退するとまで公約した。

 昨年10月1日から毎日、新米のカジサックがさまざまなことを学ぶ動画をアップ。芸人とのトークや人気ユーチューバーとのコラボ企画はもちろん、妻や子供も出演。ユーチューブの視聴は小中高生が6~7割だが、カジサックは7割が18~34歳で、男性が7割だ。

 「まだ小中高生に合わせた企画はやっていない。18~34歳に向けたコンテンツで、ありがたいことにまだ登録者が増え続けている。いつか止まるときが来たら、どこかでガラッとやり方が変わるかもしれない」

【続きを読む】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ジャニーズが大改革!?嵐、YouTube解禁でファンの「お祭り状態」現場! – めるも

 嵐が10月9日、公式YouTubeチャンネル「ARASHI Official Channel」を開設した。ア … …