Home モデル 【ビデオ】ポルシェ、待望のクラシック・モデル向け盗難防止システムを発売! – Autoblog 日本版

【ビデオ】ポルシェ、待望のクラシック・モデル向け盗難防止システムを発売! – Autoblog 日本版

30 second read
0
48

<!– %Contents.regex("/<divsclass="iphone_hide".*?/smi”,””).regex(“/href=”http://www.autoblog.com/photos/(.*?)”/si”,”$0 target=”_blank””)% –>

最近、旧い「911」の価値やオークション価格が高騰していることもあり、ポルシェのクラシックカーが盗難に遭ったという話を耳にすることが増えている。そこで同社は過去のモデルに装着可能な盗難防止ステムを開発し、クラシックカーが盗まれるのを予防する対策を取っている。

「ポルシェ・クラシック・ビークル・トラッキング・システム」は、クルマの各部に隠れたセンサーを搭載し、それがヨーロッパ全体のセキュリティ・ネットワークにつながっているというもの。同社によると、この装置は6Vバッテリーを搭載したビンテージの「356」から「カレラGT」までポルシェの旧車すべてに適合するという。

ポルシェから、クラシック・ポルシェ向け盗難防止システムを販売
このシステムのハードウェアは、すぐに発見できない場所に装着されているため、取り外すには非常に時間が掛かるとポルシェは言う。そのため、何者かが不正にクルマを動かそうとすれば、アプリを通じて所有者に通知される結果になる。当然ながら、クルマのバッテリーを取り外してセキュリティ・システムを無効にしようとしてもアラームが鳴る。だが、もしそれでもクルマが盗まれてしまった場合は、所有者にアプリから通知が届くと同時に、システムが警察に通報し、GPS監視によってクルマの所在を追跡する。GPS妨害装置を使えばやはりアラームが鳴る。また、エンジンが再始動することを遠隔操作によって阻止する仕組みも備わっている。これを解除できるのは、ポルシェ・センターで認定されたセキュリティ・システム組み込み作業員だけだ。

[embedded content]

このシステムの組み込み作業には1~4時間かかり、取り付け費用は1,000ユーロ(約12万7,000円)、サービス利用料は月額20ユーロ(約2,500円)ほどかかる。だが、クラシック・ポルシェのオーナーにとって、この程度の金額で安心して寝られるなら安いものだろう。

Porsche Bear-Lock
そのほか、ポルシェは「Bear-Lock」と呼ばれる機械式のシフトレバー・ロックを、997型911や986型および987型「ボクスター」、987型「ケイマン」、初代と2代目「カイエン」のような将来のクラシックカーを対象に販売している。これが高い関心を集めれば、同様のデバイスが他のモデルにも用意されるだろう。このロックはシンプルだが効果的だ。マニュアル・トランスミッション車はギアをリバースに入れた時、オートマチック車はシフトレバーをパーキングに入れるとロックされる。税込み価格は取り付け費別で250ユーロ(約3万2,000円)とお手頃だ。

By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
ドイツの銀行が、投資先としてクラシックカーを推奨 旧いポルシェ「911」の価値は13年間で8倍に!

【ビデオ】ガイ・ニューマーク氏の1964年型ポルシェ「356C」、ついに走行距離100万マイル(約161万km)を達成

BMW、盗難に遭った「5シリーズ」を遠隔操作して泥棒を車内に閉じ込める

■関連動画

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

インスタグラムで話題になった「クラウドエッグ」の作り方 – Business Insider Japan

食べ物も「映え … …