Home モデル 【プジョー リフター 新型】カタログモデル発売、価格は329万円より – レスポンス

【プジョー リフター 新型】カタログモデル発売、価格は329万円より – レスポンス

28 second read
0
42

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーの新型MPV『リフター』のカタログモデルを発表、11月25日より販売を開始する。

リフターは2018年2月にジュネーブモーターショーで発表されたプジョーの新型MPVだ。正式導入に先立ち、2019年10月に先行モデルがデビュー。今回、カタログモデルとなって国内マーケットで本格展開が始まる。

価格はエントリーグレードの「アリュール」が329万円、特別仕様車の「GTライン ファーストリミテッド」が379万円。GTライン ファーストリミテッドは大径アロイホイールやブラックパーツによるスポーティな外観とブラウン基調のシックなツートーンインテリアが特徴。また、最新のフルディスプレイミラー(FDM)とLEDフットランプを装備する。

ミニバンとSUVの融合によるマッシブなスタイリング

リフターはミニバンとSUVとワゴンをクロスオーバーさせた個性的なスタイリングが特徴。1850mmの全高と両側スライドドア(手動)はミニバン的で、高い地上高と17インチホイール(GTライン ファーストリミテッド)とそれを囲む樹脂製のホイールアーチとサイドプロテクター、バンパープロテクターはSUV的、長く伸びるルーフラインとユーティリティはワゴン的。それらを巧みに融合させている。

フロントエンドは、中央にライオンを配した新世代プジョーのグリルデザインを採用。ヘッドライト中央を縦に走るLEDデイタイムランニングライトが精悍さを醸し出している。短く、水平方向に寝かされたボンネットと高いショルダーライン、短いオーバーハングが美しく調和。ルーフバーも配し、キャリア装着などユーザーの多様なニーズに応える。巨大なテールゲートには、プジョーシグネチャーであるライオンの爪痕をモチーフとした3条のLEDラインのテールライトを両側に配置し、実用性とスタイリングを両立する。

新世代コクピット「i-Cockpit」搭載

インテリアには、新世代コクピット「i-Cockpit」を搭載する。上下2か所のフラットな部分を持つコンパクトなステアリングホイールがより良いグリップとハンドリングを実現するとともに良好な視界を確保。インストルメントパネル中央には8インチのタッチパネルを配置するほか、クロームで縁取られたメーターとエレガントな赤い指針のヘッドアップディスプレイも備える。

リアドアは両サイドともスライド式。リアシートは3座独立の3分割可倒式となっており、長さ=奥行きは、5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒せば最長2.7mの長尺に対応。容量は5名乗車時でトノカバー下597リットル、2列目シートを倒した最大積載状態では2126リットルとなり、現行プジョーで最大容積をもつ『5008』の1862リットルを大幅に上回る。

リアゲートはガラス部分のみを個別で開閉できるリアオープニングガラスハッチを採用。テールゲートを開けずにアクセスでき、狭いエリアでも簡単にリアスペースを利用できる。また、フレキシブルラゲッジトレイの高さをミドルポジションにすることで、ラゲッジスペースを上下に分割可能。ガラスハッチとリアゲートで荷物を完全にセパレートして使い分けることができる。

ルーフの大半をガラスとするパノラミックルーフは、収納スペースと融合させたマルチパノラミックルーフへ進化。フロントルーフに収納トレイを設け、さらに中央部にはバッグインルーフとして最大14リットルまでのバッグを収納できる。電動サンシェード付きで夏場の室内温度上昇を和らげるほか、ルーフアーチ中央部には調整可能なムードライトを装備。さらにリアシート頭上後方には容量約60リットルのリアシーリングボックスを配置する。

アクティブクルーズコントロール、アクティブセーフティブレーキなど最新ADAS搭載

先進運転支援機能(ADAS)も充実。渋滞時の加減速に対応する前車追随型クルーズコントロールを備えるほか、前方の車両や障害物を検知し、自動的にブレーキを作動させるやアクティブセーフティブレーキを装備する。そのほか、レーンキープアシストやブラインドスポットモニターシステム、インテリジェントハイビーム、トラフィックサインインフォメーション、フロント・バックソナー/ワイドバックアイカメラも装備。車線に対するふらつきを検知し、居眠り防止を警告するドライバーアテンションアラートも備える。

機能装備では、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応するスマートフォン接続機能を持つプジョーミラースクリーンを採用。対応するスマートフォンナビゲーションアプリやマップアプリ、オーディオアプリを直感的に使用できる。そのほか、エンジン停止やアクセル操作で自動的に作動・解除するエレクトリックパーキングブレーキやワイヤレススマートフォンチャージャーを備える。

トルクフルな1.5リットルクリーンディーゼル搭載

パワーユニットは、最高出力130ps/最大トルク300Nmを発生する1.5リットルクリーンディーゼルエンジンDV5を、軽量・高剛性のプラットフォームEMP2に搭載。自然吸気3リットルガソリンエンジンなみの力強いトルクを1750rpmという低回転から発揮する。最新世代電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8とあいまって、悪路から一般道、高速道路まで、力強い走りを実現。また、これら組み合わせによって21.2km/リットル(JC08モード)という低燃費を達成する。

GTライン ファーストリミテッドは、トラクションコントロールの進化版「アドバンスドグリップコントロール」を標準装備する。路面状況に合わせて様々なアルゴリズムを組み合わせ、パワートレインやブレーキを統合制御。5つのモードを備え、タイヤのグリップの最大化とトラクションの最適化を行い走破性を高める。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

テスラ「モデルS」が内装を大幅刷新 斬新なステアリング形状に – Car Watch

内装を刷新したモデルS  テスラモーターズの「モデルS」が内装を刷新した。新たなコクピットには、上半分がない近 … …