Home モデル 【マクラーレン新モデル】マクラーレン・アルトゥーラの発売が決定 2021年前半にも – http://www.autocar.jp/

【マクラーレン新モデル】マクラーレン・アルトゥーラの発売が決定 2021年前半にも – http://www.autocar.jp/

21 second read
0
51

もくじ

新モデル マクラーレン・アルトゥーラ
電動化技術をスーパーカー・クラスに初めて適用
搭載されるツインターボV6ガソリンエンジンは、エレクトリックモーターとの組み合わせ
新たな「ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド(HPH)」の序章
クラス最軽量のアドバンテージ

新モデル マクラーレン・アルトゥーラ

マクラーレンは、2021年前半に新モデルの マクラーレン・アルトゥーラを発売する。

ハイブリッド・パワートレインに関するエンジニアリングの専門性を結集した「ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド」は、「半世紀以上におよぶレーシングカーとロードカーにおけるマクラーレンの知識、経験、そしてエンジニアリング技術を生かして開発された」という。

マクラーレン    マクラーレン

電動化技術をスーパーカー・クラスに初めて適用

マクラーレン・アルトゥーラで生かされる電動化技術は、まず2012年にベールを脱いだマクラーレンP1で実証され、今年から生産に入ったマクラーレン・スピードテールにおいては、マクラーレン史上最速の最高速度403km/hを誇る。

これらのモデルに続く マクラーレン・アルトゥーラは、「ハイ・パフォーマンス・ハイブリッドシリーズ初となるスーパーカーとなる」という。

マクラーレン・スピードテール
マクラーレン・スピードテール

マクラーレン・オートモーティブCEO、マイク・フルーウィットは「マクラーレン・アルトゥーラは、あらゆる要素において新しく設計される。それは、プラットフォーム・アーキテクチャーから、ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド・パワートレイン、そしてボディのエクステリア、インテリア、最先端のドライバー・インターフェースにまで及ぶ。

数十年にわたる先駆的な超軽量のレーシングカーやロードカーのエンジニアリング技術を生かし、電動化に関するあらゆる専門性を注ぎ込んでいる」と説明する。

搭載されるツインターボV6ガソリンエンジンは、エレクトリックモーターとの組み合わせ

搭載されるのは、コンパクトなツインターボV6ガソリンエンジン。エレクトリックモーターとの組み合わせにより、新しく軽量なハイ・パフォーマンス・ハイブリッドパワートレインを構成する。

このパワートレインにより、より大排気量のマクラーレンV8エンジンのパフォーマンスを保持しながら、低回転域でのトルクレスポンスの向上、という新たなメリットも享受する。また電力のみでの走行も可能で、排出ガスゼロの市街地でも利用できる。

マクラーレンP1 GTR
マクラーレンP1 GTR    マクラーレン

新たな「ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド(HPH)」の序章

マクラーレン・アルトゥーラは、まったく新しいプラットフォーム・アーキテクチャーを採用した最初のモデルとなる。

電動化のために最適化されたこのアーキテクチャーの設計、および製造は、イギリスのマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターが担当する。

マクラーレン 750 LT
マクラーレン 750 LT    マクラーレン

マクラーレンは「モータースポーツをルーツとする超軽量のエンジニアリング理念を、マクラーレン・アルトゥーラでさらに押し進めた」という。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

吉岡里帆「トルコの方に…」インスタ乗っ取り被害に – ニッカンスポーツ

吉岡里帆(2019年9月27日撮影) 女優の吉岡里帆(28)が、インスタグラムのアカウント乗っ取り被害について … …