Home ユーチューバー 【マンガ】「9歳のユーチューバー」が、年間30億円を稼ぐようになるまで – 現代ビジネス

【マンガ】「9歳のユーチューバー」が、年間30億円を稼ぐようになるまで – 現代ビジネス

16 second read
0
57


20億回再生にたどり着くための「基本のキ」

YouTuberの世界的なスターは、ここ数年の間、2010年以降に生まれた世代、アルファ世代のなかから現れている。なかでも、雑誌『Forbes』が2年連続で「世界でもっとも稼ぐYouTuber」と認めたライアン・カジくん(9)は、推定年収30億円超(2019年度)、これまで最多再生回数を記録した動画は、実に20億回以上再生されているトップクリエイターのひとりだ。

ライアンくんのチャンネルの仕掛け人は、父であるシオン・カジさん。15歳まで日本の福島で育った日本人だ。中学の頃、渡米し、コーネル大学でサイエンスエンジニアリングの修士号を取得、その後建築家としてキャリアを築いていた人物だ。

左からロアンさん(母)、ライアンくん、シオンさん(父)/photo by gettyimages

その彼が、いまや2700万人ほどの登録者数をもつ計9つのチャンネルを、自ら経営するプロダクションで日々運営するに至ったのは、ライアンくんの一言がきっかけだったという。このほど発売の『マンガでわかる YouTuber養成講座』は、世界のトップYouTuberを生んだシオンさんが、チャンネル開設からの5年余りを振り返りながら、これまでのノウハウをマンガとテキストで解説した書籍だ。

YouTubeチャンネルを始めるための基本中の基本から、チャンネルをきっかけにして、ビジネスに結びつけるブランディングをどう組み立ててきたのか、その実際まで、トップYouTuberの仕掛け人ならではのエッセンスが詰め込まれている。第1章のマンガ+解説を、無料公開!

最初にはじめたRyan’s Worldの前身、Ryan Toysreviewは、いわゆる「オモチャ」レビューです。チャンネル開設にあたって、「誰に向けて何をやるのか」は、どれだけ考えてもよいくらい考えるべきテーマです。

私たちが「オモチャ」を選んだ理由は、ターゲットとして考えていた未就学の子どもたちの興味を自然にそそる題材だったこと、それに何より、ライアン自身が興味をもっていたのが理由です。

このほか、その時点で注目されているチャンネルの内容に目を向けてみるのも良いでしょう。当時は、「オモチャ」や「人形劇」などのトピックが流行していて、子どもユーザーが急増していたのも大きな理由でした。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ヤマハ公式インスタグラムで、inpres UD+2 LADIESドライバーほか豪華賞品が当たるキャンペーン実施中! – Regina(レジーナ) アクティブでおしゃれな女性ゴルファーへの発信源

ヤマハゴルフのオフィシャルインスタグラムアカウント「GOLF LOVER By Yamaha(@golflov … …