Home モデル 【メルセデスベンツ GLB 新型】エントリーモデルとディーゼル4輪駆動モデルを追加 – レスポンス

【メルセデスベンツ GLB 新型】エントリーモデルとディーゼル4輪駆動モデルを追加 – レスポンス

17 second read
0
71

メルセデス・ベンツ日本は、コンパクトSUV『GLB』(Mercedes-Benz GLB)に「GLB180」および「GLB200d 4マチック」を追加し、4月5日より予約注文の受付を開始した。

エントリーモデルのGLB180は超小型、軽量、優れた動・静剛性を特徴とするオールアルミニウムの1.4リットル4気筒M282型エンジンを搭載する。独自技術で最大圧力250barの高圧インジェクションポンプを省スペースで配置。ターボチャージャーは電子制御ウェストゲートを搭載し、フレキシブルな過給圧制御により、低負荷域でも最適な過給圧を設定する。また、吸気ダクトにヘルムホルツ共鳴器を採用、触媒コンバーターには遮音シールを施すなど、ノイズの低減も図っている。

また、2.0リットル直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジン搭載車に四輪駆動モデルGLB200d 4マチックを追加した。4マチックはダイナミックセレクトのスイッチ操作で、基本の前後トルク配分比を可変。基本的な前後トルク配分比はドライブモード「ECO/コンフォート」で80:20、「スポーツ」では70:30となる。一方、オフロード走行では、四輪駆動クラッチがセンターディファレンシャルロックのように働き、基本トルク配分を50:50とし、路面状況に応じて連続的にトルク配分比を変化。常に最適な駆動力の伝達を可能にし、オンロードでの安定性や効率性とオフロードでの走破性を高次元で両立する。

価格はGLB180が530万円(7月納車予定)、GLB200d 4マチックが553万円(4月納車予定)。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「BOXIL SaaS」公式YouTube、チャンネル登録数3,000人突破 – PR TIMES

近年の新型コロナウイルスによるリモートワーク需要などの高まりにより、IT、SaaS(※1)、クラウドといった用 … …