Home モデル 【一挙にご紹介】2020年に登場予定の新しいモデル 11月分 前編 – ニュース – http://www.autocar.jp/

【一挙にご紹介】2020年に登場予定の新しいモデル 11月分 前編 – ニュース – http://www.autocar.jp/

34 second read
0
31

もくじ

アルピナXB7
マクラーレン765LT
メルセデス・ベンツSクラス
MG HS PHEV
プジョー508 PSE

アルピナXB7

BMWが現在カバーしていないフルサイズSUVを、アルピナが提供する。

XB7は、大型マルチスポークホイール、新しいフロントバンパー、アルピナバッジなどの、通常のビジュアル・アップグレードに加え、乗り心地に重点を置いた新しいサスペンションシステムを搭載する予定となっている。

アルピナXB7 プロトタイプ

X7 M50iに搭載されている4.4LツインターボV8を搭載する可能性が高く、パフォーマンスは、B5サルーンとエステートと同等の609psまでアップする。

ハイパフォーマンスXD7ディーゼル・バリエーションが、投入される可能性もある。

マクラーレン765LT

マクラーレンの最新のサーキット重視の限定版ロングテールモデルは、ベースとなっている720Sより80kg軽量で、ミドマウントのツインターボチャージャー付き4.0L V8から、さらにパワーが45ps追加されている。

マクラーレンは、エアロダイナミクスを改善し、ラップが2.5秒縮めることに成功していると述べている。

マクラーレン765LT
マクラーレン765LT

メルセデス・ベンツSクラス

メルセデス・ベンツのフラグシップモデルの第7世代は、ラグジュアリー・サルーン・セグメントのレベルを、さらに引き上げることを目指している。

ロングホイールベースの形式でのみ提供される可能性が高いSクラスは、まったく新しい同社のプラットフォームが採用され、新しい技術とシステムが導入されることが期待されている。

 メルセデス・ベンツSクラス AUTOCARイメージ図
メルセデス・ベンツSクラス AUTOCARイメージ図

スパイショットからは、同社最大となるタッチスクリーンを確認することが出来る。

2022年の史上最高のオールラウンド・ラグジュアリー電動モデルとなることが期待されているEQSの投入を控え、マイルドハイブリッドとプラグインハイブリッドに加えて、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンが提供される。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

約14万人のフォロワーが釘付けの「ぐでねこ」ライくんって?“癒しの寝姿” – ウォーカープラス

フォロワー数は約14万人、ojarinn(@ojarinn)さんのインスタグラムには、ゴロゴロ転がる猫の姿がい … …