Home モデル 【冨永愛、モデルへの道 Vol.2】ランウェイまでの道のり(前編)

【冨永愛、モデルへの道 Vol.2】ランウェイまでの道のり(前編)

9 second read
0
81

とりあえず、リストに名前とエージェント名を記入して、適当な場所に座り込む。周りを見渡すと、音楽を聴いているか、本を読んでいるか、おしゃべりしているか。各々好きなことをして待っているのだが、やはり空気はピリッとしている。当たり前だ、ここはあのラルフ ローレンのキャスティング会場なのだから。
しかし真冬だというのにみんな薄着だ。コートを脱ぐとタンクトップ? 
寒くないのかな。私はといえば、安物のダウンジャケットに、トレーナーにジーンズ。
こんなんじゃダメなのかもしれない。そう考えて、思い切ってトレーナを脱いで、Tシャツになる。
15分、20分、と時計と見ていても時間が数むのはこれでもかというくらい遅い。
仕方がない、もう腹を据えて辛抱強く待つしかなさそうだ。
その間に一人、また一人と中に入っていく。
緊張感と疲労感が入り混じる微妙な空気の中、ただひたすらに時間が過ぎていく。
すると、にわかにどよめきが起こった、
なんだ……?

(Vol.3 「ランウェイまでの道のり(後編)」につづく)

【From Ai】

もうかれこれ20年近く前の話ですが、まるで昨日のように思い出す、ラルフ ローレンのキャスティングの思い出。華やかなイメージのあるモデルだけれど、その場に立つための戦いはキャスティングから始まっているのです。次週の後編もお楽しみに!

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

水沢柚乃フォロワー16万人超|ニフティニュース – ニフティニュース

“尻職人”こと& … …