Home モデル 【最新で究極のスーパースポーツ】ポルシェ・ビジョン918 RS ミュージアム所蔵モデル公開 – http://www.autocar.jp/

【最新で究極のスーパースポーツ】ポルシェ・ビジョン918 RS ミュージアム所蔵モデル公開 – http://www.autocar.jp/

10 second read
0
80

もくじ

7分以下のタイムを出した初の量産モデル
最新で究極のスーパースポーツカー

7分以下のタイムを出した初の量産モデル

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ポルシェ918スパイダーは、ブランドにおけるスポーツカーのマイルストーンになった。ハイブリッド搭載のコンセプトカーとしてデビューしたのは、2010年。ポルシェにおける、ハイブリッド戦略の始まりを示すものだった。

スーパースポーツカーとしての新基準でもあり、フル・カーボンファイバー製のボディに、可変エアロダイナミクスを搭載。量産モデルの製造終了から5年が経過した今でも、ベンチマーク的なモデルになっている。

ポルシェ・ビジョン918 RS(2019年)

またポルシェ918スパイダーは、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェをアタック。7分以下というラップタイムを叩き出した、初の量産モデルでもある。

最新で究極のスーパースポーツカー

この型破りなサクセスストーリーを、どのように今後へ展開していくのか。ドイツ・ヴァイサッハのデザインチームは、サーキットとストリートの両方で活躍できる、スポーツカーのアイデアに取り組んだ。ポルシェ918の、魅力的な新しい進化を描き出した。

ドライブトレインとシャシー技術は強化され、ドラマチックなデザインのボディは、空力特性的にも最適化。ポルシェ・ビジョン918 RSは、ポルシェのデザインチームによる最新で究極のスーパースポーツカー・コンセプトといえる。

ポルシェ・ビジョン918 RS(2019年)
ポルシェ・ビジョン918 RS(2019年)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

“脱モデルルーム”を実現するクラウド型VR内覧、関内の新築マンション販売で採用 – BUILT

 スタイルポートのVR内覧システム「ROOV walk(ルーブ ウォーク)」が、2021年2月11日に神奈川県 … …