Home モデル 【航続距離550km】ルノー 新しい2つのEVモデル SUV/クロスオーバー 2022年までに発売 欧州 – ニュース – http://www.autocar.jp/

【航続距離550km】ルノー 新しい2つのEVモデル SUV/クロスオーバー 2022年までに発売 欧州 – ニュース – http://www.autocar.jp/

26 second read
0
35

もくじ

電動クロスオーバーとSUVか
ダチアと共同で8台のEVモデルを提供

電動クロスオーバーとSUVか

text:Rachel Burgess(レイチェル・バージェス)

ルノーが、2022年までに2つの新しい電動モデルを発売することが明らかとなった。

同社の新しいCMF-EVプラットフォームをベースとした、クロスオーバーまたはSUVとなることが予想されている。

ルノー・モルフォズ コンセプトカー

1つ目のモデルは、昨年AUTOCARが報じたカジャーサイズのSUVと予想され、もう1つのモデルも、最近のトレンドを考慮すると、ハイライディングモデルとなる可能性が高い。

ルノーのEV責任者であるジル・ノルマンは、「ハッチバックではなく、クロスオーバーまたはSUVとなります」と述べ、このタイプのクルマは通常よりも、さらにエアロダイナミクスを考慮しなければならないと付け加えた。

「EVの世界では、抗力、エアロダイナミクスに非常に敏感です」

「これらの新しいアプリケーションにより、最大550kmの航続距離を実現させます」とノルマンは語る。

ルノーが最近発表したシェイプシフトのコンセプトカー、モルフォズでプレビューされた、新しいルノー・日産・三菱アライアンスのCMF-EVプラットフォームは、コンパクトとミドサイズに限られるものの、幅、高さ、長さが拡張が可能となっている。

新しいゾエの航続距離は最大380kmだが、より大きなEVモデルとなる新しいモデルは、最大550kmを提供するだろうと、ノルマンは述べている。

ダチアと共同で8台のEVモデルを提供

また、ルノーは、2022年までに、その傘下にあるダチアと共同で、8台のEVモデルの提供を予定している。

ゾエ、トゥイジ―、近日発売予定のダチア・スプリングなど、ほとんどが小型モデルとなるが、ルノーの新しいCセグメントもしくはそれ以上となる新しい2モデルは、優れた実用性と航続距離を提供することが期待されている。

ルノー・カジャー AUTOCARイメージ図
ルノー・カジャー AUTOCARイメージ図

これにより、ルノーのEVモデルが、ヨーロッパのカスタマーのクルマの利用率を、30%から80%に向上させると、ノルマンは述べている。

「ゾエの上級にも下級にも、モデルを投入する余地があることがわかりました。特に上級モデルには大きなポテンシャルがあるでしょう」

「初期の頃よりも、安全で、楽しく、長距離ドライブも可能となり、人々のEVモデルに対する認識は変わってきています」と付け加えた。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

高知県内の26市町村がSNS活用 フォロワー5.4万人、観光や移住PR – 高知新聞

地域の特色ある風景などをアピールする自治体のSNS画面のコラージュ(岡崎紗和作成)  行政の広報活動に会員制交 … …