Home モデル 【詐欺メイク】egg読者モデルが語る化粧の信念「男ウケ悪くても、一生“黒ギャル”貫きたい」(オリコン) – Yahoo!ニュース

【詐欺メイク】egg読者モデルが語る化粧の信念「男ウケ悪くても、一生“黒ギャル”貫きたい」(オリコン) – Yahoo!ニュース

19 second read
0
95

 メイクを工夫することで、すっぴんからまったく違った印象を作る”詐欺メイク”。その元祖とも言えるギャルメイクがいま再び注目を集めつつある。ギャルのバイブル『egg』で、現在egg girlsとして”黒ギャル”にこだわり活躍するあーちゃさんが20歳になったいま、かつて憧れていた『egg』に登場する機会を手に入れて思うこととは? 童顔のコンプレックスから始めたというメイクへのこだわり、黒ギャルとしての覚悟を語ってもらった。

【写真・詐欺メイクビフォーアフター】あどけないすっぴん笑顔からここまで変わる? eggモデルあーちゃ”大人のギャルメイク”

■目指すはクールビューティ。先生とのバトルが日常茶飯事だった中高時代

 中高時代に雑誌『egg』と出会いギャルの世界へ足を踏み入れたあーちゃさん。とにかく明るく元気な印象の彼女は現在、日焼けサロンで働きながら学生時代に憧れた『egg』で人気モデルとして活躍中だ。彼女が本格的にメイクを始めたのは中学1年のとき、童顔にコンプレックスがあり大人っぽいクールな顔になるために自己流で研究したという。中高ともにメイクは認められない学校だったものの、日々先生とのバトルを繰り広げながら自らの信念を貫き通した。ギャル衰退期にはコスメを自作するほどギャルメイクにこだわりをもち、話の中にも”黒ギャル”としてのプライドが節々に伺えた。

――メイクを始めたのはいつ頃からですか?
【あーちゃ】幼稚園の年長からジャズダンスをずっとやっていて、発表会でメイクするんですけどそれで芽生えちゃって。中1のときにはガッツリメイクして登校していましたね。先生にめっちゃ怒られたけど、それでも負けずにやっていました(笑)。カラコンとツケマはさすがにつけられなかったけど、アイラインはバッチリいれて。ファンデーションは今みたいな黒じゃなくて白っぽい色だったので、どちらかというとナチュラル系のメイクでしたね。

――今もジャズダンスは続けている?
【あーちゃ】今は日曜日だけ体育館で生徒に教えています。このメイクのままで行ってるので、汗で溶けてヤバイですよ(笑)。生徒は小3~中学生なんですけど、みんなメイクに興味津々で「化粧したい」ってよく言われるので発表会の時にしてあげています。

――ギャルに目覚めたきっかけは?
【あーちゃ】高1の頃から『egg』が大好きで、モデルのまにゃさんとゆまちさんに憧れて「黒くなりたい、化粧もっとバリバリしたい!」って、高1からギャルメイクを始めました。中学の頃からファッションもピンクとか黄色とか派手なものが好きで、化粧も好きだったのでそういう雑誌だと思って『egg』を読み始めたんです。ギャルという認識ではなくてモデルさんたちのことも”ただ化粧が濃い人”って思ってた(笑)。自分のすっぴんが童顔ですごく嫌だったので、大人っぽく見られたくて化粧をしたっていうのがあります。

【関連記事】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

IQOS「令和」新時代の幕開けへ祝賀モデル発表 – 社会 – 日刊スポーツ

パッケージのデザインについて説明するヘンリー・ホー氏 5月1日の新元号スタートを前に、祝賀ムードが盛り上がって … …