Home ユーチューバー 【読書感想】ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く (1/2) – BLOGOS

【読書感想】ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く (1/2) – BLOGOS

21 second read
0
67


ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く (PHP新書)

作者: 岡田斗司夫
出版社/メーカー: PHP研究所
発売日: 2018/11/17
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く (PHP新書)

ユーチューバーが消滅する未来 2028年の世界を見抜く (PHP新書)
作者: 岡田斗司夫
出版社/メーカー: PHP研究所
発売日: 2018/11/30
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
「20年、30年というスパンで考えたら人間にはどんな仕事も残らない」「アニメやゲームなどすべてのバーチャルキャラクターは、人工知能によって自律的に行動するようになる」。若者が憧れる職業「ユーチューバー」でさえ、AIが取って代わる時代がすぐ目の前に来ている。十分な収入を得て生計を立てられるのは、一握りの才能だけ。「未来格差」を前に、特殊な技能のない私たちはどうすれば生き残れるのか。拡張現実、人工知能の進化、完全グローバル競争で激変する社会と人間の姿を透視する。 【目次】序章 「未来格差」に備える/第1章 未来予測の3大法則/第2章 自分を「盛る」時代/第3章 AIがユーチューバーを淘汰する/第4章 アイドルは新時代の貴族になる/第5章 アマゾンが不動産へ進出/第6章 バーチャルとリアルの恋愛の境界が消える/第7章 AIロボットが家族の代わりに/第8章 人工知能が政治を変える/終章 未来の幸福論

 AI(人工知能)が人間の仕事を奪っていく、と言われても、日常レベルでの変化を実感することは、なかなか難しいものではありますよね。

 ある程度の長い期間でみると、いつのまにか無くなっている仕事、というのは、本当にたくさんあるのだけれど。
 この新書では、岡田斗司夫さんが、「10年後の(ある程度現実的な)未来に起こっているであろう変化」と、それに対して、どうやって生き延びていくか、について語っておられます。

 内容は、2016年から2017年にかけて、岡田さんが『ニコニコ生放送』の「岡田斗司夫ゼミ」で話しておられたことをまとめたもので、これまで岡田さんの著書をけっこう読んできた僕としては、どこかで読んだり聞いたりしたものがほとんど、という印象を受けました。

 だから間違っている、無意味だ、ということではなくて、近い未来の話であれば、多くの人が予測していることは、ある程度一致している、ということなのかもしれません。

 AI(人工知能)が進化して普及したら、人間の仕事なんてなくなってしまうんじゃないだろうか。

 オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授らは、2013年に発表した「雇用の未来」という論文で、「10~20年以内に(アメリカの)労働人口の約47%が機械に代替されるリスクがある」と主張しました。このあたりから、「人工知能時代にも生き残る職業」だとか、「これからの時代に必要とされるスキル」なんて記事や書籍がやたら出てくるようになりました。

「自動化されない非定型的な仕事」とか、「クリエイティブな仕事」とか、「人間相手のコミュニケーションが必要な仕事」とか、そういう仕事は人工知能時代にも生き残るし、新しい仕事も次々と生まれる、だから心配なんだという人もいます。

 でも、20年、30年というスパンで考えたら人間にはどんな仕事も残らない、そう僕は考えているんです。もちろん、人口のうち5%くらいの人は、何をやらせてもうまくやれるでしょう。恐ろしく知能が高いとか、人を使うのがうまいとか、容姿や振る舞いがすごく魅力的だとか、そんな人はどんな時代でも好きなことをやって楽しく生きていけますし、仕事だっていくらでもあります。

 でも、人口の9割以上は、可もなく不可でもない普通の人たちです。そういう普通の人たちは、クリエイティブ能力やコミュニケーション能力が少々あったところで、仕事がなくなってもまったく不思議ではありません。

 「AIによる人間の仕事の消失」を危惧する人たちの多くは、そこで、「どのような職業や生き方なら、あなたはAI時代になっても現実世界で満足する生をおくることができるのか」を模索していくのですが、岡田さんは、その「AI時代」の流れに逆らう必要があるのか、と疑問を呈しているのです。

 考えてみれば、AIに任せるよりも、人間が仕事をしたほうが得であり快楽であれば、どんなにすぐれたAIがあっても、そんなもの誰も使わないはずですよね。

 結局のところ、多くの人は、「AIで自分の仕事が奪われて収入がなくなるのは不安だけれど、サービスの利用者としては、AIで便利になるのであれば歓迎する」と思われます。

 スマートグラスやAR(Augmented Reality:拡張現実)というのは、便利なツールだとか、目新しいゲームとかそういうことに留まりません。この世界における現実を、たんなる「元ネタの1つ」にしてしまうんです。メガネをかけたら、自分の見たい世界、「デコられた」世界が目の前に広がるようになるんです。

 今、現実を「デコってくれる」のはせいぜいフェイクニュースくらいですが、デコられた世界の方がメインになってきたら、どうでしょう?

「現実」を見ずに、自分だけの世界に閉じこもる人たちが増える? 人と人とのコミュニケーションが失われて、ギスギスした社会になる?

 そんなことはないと思います。

 だって、自分の目に映るすべての人間が美少女だけだとしたら、僕らはもっと他人に優しくしますよ。「ただしイケメンに限る」と言って、不細工な男には冷たい態度を取っている女の人だって、優しくなるはず。

 そうやって「現実補正」された社会で暮らす方が、多くの人間にとっては幸せです。
「いやいや、それは幻だよ。そんな幻ではなくて、現実を見なければダメだ!」
 そう反論したくなるかもしれませんね。
 でも、デコられていない現実って何でしょう?

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

メーガン妃 フォロワー数負け「みじめ」に思う “キャサリン妃超え”狙いSNS専門家を雇用(Hint-Pot) – Yahoo!ニュース

フォロワー数の差はなかなか埋まらず メーガン妃腹立ち? 英紙が報道  メーガン妃は、ヘンリー王子との公式インス … …