Home モデル 【Eクラスの最強モデル】メルセデスAMG E63/E63 S、改良新型に 7月に欧州発売 – ニュース – http://www.autocar.jp/

【Eクラスの最強モデル】メルセデスAMG E63/E63 S、改良新型に 7月に欧州発売 – ニュース – http://www.autocar.jp/

41 second read
0
50

もくじ

メルセデスAMG E63、フェイスリフト
パワートレインとパフォーマンス
高いパフォーマンスと快適さを提供
7月に英国で発売予定

メルセデスAMG E63、フェイスリフト

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

メルセデスAMGは、パフォーマンスを損なうことなく快適性を高めた「AMG E63」のエステートとサルーンを、欧州で発売する。

そのアグレッシブな新しいスタイリングは、メルセデスAMGのスポーツカー・シリーズとより強い結びつきを感じさせるものだ。

メルセデスAMG E63サルーン

Eクラスのトップモデルの最新バージョンは、最近フェイスリフトを受けたほかのモデルと同様のデザイン変更を受けている。

アップデートされたスタイリングでは、大きなグリルとエアロダイナミクスの微調整を行い、エンジンへのエアフロー改善とグリップ性能を最適化するという。

パワートレインとパフォーマンス

E63には、4.0L V8バイターボ・エンジンが継続して搭載され、標準モデルでは570psおよび76.5kg-m、トップラインの「E63 S」では612psおよび86.7kg-mを発揮。

9速オートマティック・ギアボックスを介して、四輪すべてに動力が供給される。

メルセデスAMG E63エステート
メルセデスAMG E63エステート

出力は変更されていないが、メルセデスAMGは、E63のパフォーマンスの幅を広げるため、かなりの調整を行なったと述べている。

ダンパーとシャシーが改良され、E63 Sのエンジンも微調整され、ドライビングの状況に、より迅速に適応することが可能となっている。

また、AMGダイナミック・セレクトは、ドライブプログラム、全輪駆動システム、ESPスタビリティ・コントロール・システムなどを調整する、さらなる開発が行われた。

「レース」モードとドリフト機能を含むAMGダイナミック・プラス・パッケージは、E63 Sの標準装備となっており、ベースモデルのオプションとして初めて提供される。

サルーン・ボディでは、E63は0-97km/h加速3.5秒、E63 Sは3.4秒を達成し、ワゴン・ボディはプラス0.1秒となる。

燃料消費量は10.0km/Lから10.3km/L、CO2排出量は265g/kmから273g/kmとなっている。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

約14万人のフォロワーが釘付けの「ぐでねこ」ライくんって?“癒しの寝姿” – ウォーカープラス

フォロワー数は約14万人、ojarinn(@ojarinn)さんのインスタグラムには、ゴロゴロ転がる猫の姿がい … …