Home モデル 〝生首〟抱えたモデル、額に〝目玉〟も…大御所アルマーニも困惑、グッチ2018秋冬コレの衝撃

〝生首〟抱えたモデル、額に〝目玉〟も…大御所アルマーニも困惑、グッチ2018秋冬コレの衝撃

6 second read
0
814


 パリやミラノ、NYで開催された2018秋冬の各コレクションが終了した。毎回、“ぶっ飛んだ”コレクションを楽しみにしているのだが、今回はなんと言っても「グッチ」のコレクションが強烈だった。モデルが“生首”を抱えたり、額に“目玉”をつけたり…。これには「演出過多」という異論もあり、話題となっている。(杉山みどり)

ランウェイを歩くモデルの手にはそっくりの首が…(ロイター)モデルの額に描かれた目玉(ロイター)モデルの額に描かれた目玉(ロイター)

手術室?を歩く、生首?を抱えたモデル

 コレクション会場は異様な雰囲気に包まれていた。病院の手術室を模した会場。手術台が置かれ、天井には手術用の照明が取り付けられている。そんな怪しげな“手術室”を、モデルが歩く。自分にそっくりの“生首”や、小さなドラゴン、蛇の模型を持って歩くモデルや、額や手の甲に目玉を貼り付けているモデルもいた。

 事前に送られる招待状から徹底しており、医療用ごみ袋のような袋には、ショーの日までをカウントダウンするタイマーが入っている。しかも、そこには「子供には不適切な内容が含まれる」という注意書きまで記載されていた。

いくらグッチでも…演出過多に「困惑した」の声、インスタでは…

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

松村沙友理『CanCam』モデル卒業 “卒コン”ドレスで表紙&憧れのエビちゃんと対談:紀伊民報AGARA – 紀伊民報

 先月にアイドルグループ・乃木坂46を卒業した松村沙友理が、専属モデルを務めるファッション誌『CanCam』か … …