Home モデル いくつも肩書を持つ【モデルはまじ】と考える、これからの女性の働き方(webマガジン mi-mollet) – Yahoo!ニュース

いくつも肩書を持つ【モデルはまじ】と考える、これからの女性の働き方(webマガジン mi-mollet) – Yahoo!ニュース

8 second read
0
55

モデルとして第一線で活躍する一方、ラジオパーソナリティや番組ナビゲーターなども担っている浜島直子さん、愛称“はまじ”。実は夫婦ユニット「阿部はまじ」として、絵本作家の活動もしています。今回は、さまざまな分野で活躍するはまじに、いくつもの肩書きを持つことについて伺いました。

【モデルはまじの子育て論】”絶対にしない”と心がけていることとは?

モデルの仕事はご褒美。昔から、そしてこれからもずっと

はまじは25年以上続けているモデルの仕事を「ご褒美」と言います。

はまじ「とにかく洋服自体も、そして撮影の現場も大好きだから、モデルの仕事をずっとやらせてもらえるなんて、ご褒美のようだと思っています。第一線で活躍するカメラマン、ヘアメイク、スタイリストさんたちとの仕事は常に刺激的。ポージングを考えるのも楽しいし、誌面になって反響があったときはもっと嬉しい。モデルは私の夢で憧れでした。それが今でもずっと叶っている感じです」

 そして今ではテレビやラジオのナビゲーター、さらに絵本作家などさまざまな肩書きが増えました。

はまじ「肩書きを増やしたいと意識したことはないんですよ。ただ、モデルを始めて間もなくして、私は毎月のように表紙や巻頭のページを飾るタイプではないかもしれない。だったら、私に出来ること、興味があることにチャレンジしていこうと思ったんです。もともと人と会って話すことが好きだったので、憧れていた番組のミステリーハンターのオーディションを受けたのが始まり。以来、おしゃべり好きが世間に伝わったのか、ラジオやテレビのお仕事をいただくようになりました。ただ、私にとってモデルが軸であることは変わりません。これからもその気持ちは大切にしたいと思っています」

新しい肩書きを増やすことは難しいし、大変。でも常に学びがある

もともと人に会って話を聞くことが好きだったはまじ。新しい分野に挑戦したことで“好き”が肩書きに加わりました。

 はまじ「ラジオやテレビでホスト役を務めるときは、本番までにゲストが書いた本や出演した映画、ドラマのDVDなど、できるだけ資料を集めて目を通します。多いときは、何ヶ月も前から取りかかることもあります。

息子を出産した後、ラジオの仕事を最初に再開したんです。スタッフの方々が機材を自宅に運んでくれるなど、多くのサポートをしてくださったおかげで現場復帰をすることができました。ただ、慣れない新生児のお世話と睡眠不足もあって、とても大変だったのを覚えています。苦痛しか感じられなくなった時期もありましたが、せっかく好きで始めたこと。それではいけないと思い、この仕事が私と社会をつなぐ小さな光だと思うようにしました。

テレビもラジオも本番が始まった瞬間、誰にも助けてもらえません。私はゲストに関する知識が足りないと、無知を隠そうと必死で戦ってしまって相手の話を引き出せなくなってしまうんです。気持ちよく話してもらうためには、しっかり下準備をして、こちらはどんな言葉が返ってきても大丈夫な状態にして、相手が話しやすい雰囲気作りを心がけています。

今でも撮影が重なっている時期は、資料を読む時間が思うように取れないことも。そしてモデルとしての仕事とは違う気遣いがあるので、難しいし大変なのも事実。でも、自分では興味を持てずにいたジャンルの方とも会える絶好のチャンス。やりがいがあって常に学びの多い仕事です」


【関連記事】

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

菅内閣のTwitterフォロワー数は? 河野太郎氏が182万人でダントツ。菅義偉氏、西村康稔氏と続く – ハフポスト日本版

Twitter左から河野太郎、菅義偉、西村康稔の3氏の公式Twitterのプロフィール写真 9月16日に発足し … …