Home モデル これはEVの強みと弱みを理解したマツダの良心だ。「MX-30 EVモデル」に試乗した。 – webCG

これはEVの強みと弱みを理解したマツダの良心だ。「MX-30 EVモデル」に試乗した。 – webCG

21 second read
0
68

“本命”のEVモデル

待望の、と表現していいだろう。マツダMX-30にEV版が登場した。すでに2020年11月にマイルドハイブリッドモデルがデビューしていたが、本命視されていたのはEVである。2019年の東京モーターショーに展示されていたのはEVであり、マツダ初の量産電気自動車ということで期待が高まっていたのだ。

とはいえ、見た目が大きく異なるわけではない。リアには「e-SKYACTIV」のバッジが付いている。マイルドハイブリッド版は「e-SKYACTIV-G」なので、ここが分かりやすい違いだ。マツダは2030年までに電動化を完了すると表明しているから、e-SKYACTIVは次世代モデルにとって重要なキーワードなのだ。

ひと目見ただけでは分からないが、少しだけディメンションが異なる。全高がマイルドハイブリッド版に比べて15mm高い1565mm。床下にバッテリーを収めているからだ。下からのぞき込むと、バッテリーのロアケースが確認できる。突起物があると当たってしまわないかちょっと心配になったが、最低地上高は130mm確保されていて問題ないのだそうだ。バッテリーケースはボディーと強固に結合されていて、剛性向上に貢献している。重量物を下に配置することで重心が低くなるというメリットもある。

乗り込んでみても、特別にEVを感じさせるものはない。センターコンソールにコルク、ドアトリムにペットボトル由来のリサイクル素材が使われているのも同じだ。燃費以外の面でもサステイナビリティーに配慮するのは、もはや自動車会社にとって必須事項となっている。メーターパネルに表示される情報がEV専用になっているのはもちろんだが、シフトセレクターなどの操作系はまったく同じだ。しかし、走り始めると印象は一変する。

2021年1月28日に発売された「マツダMX-30 EVモデル」。451万円からという車両本体価格はマツダの新たなフラッグシップとも呼べる設定だ。
拡大
シャシーの下に駆動用リチウムイオンバッテリーがぶら下がっているため、マイルドハイブリッドモデルよりも車高が15mm高く(1565mm)、最低地上高が50mm低くなっている(130mm)。
シャシーの下に駆動用リチウムイオンバッテリーがぶら下がっているため、マイルドハイブリッドモデルよりも車高が15mm高く(1565mm)、最低地上高が50mm低くなっている(130mm)。拡大
フロア下をのぞき込むとリチウムイオンバッテリーが張り出していることが確認できる。下面は極めてフラットに処理されている。
フロア下をのぞき込むとリチウムイオンバッテリーが張り出していることが確認できる。下面は極めてフラットに処理されている。拡大
リアに備わる「e-SKYACTIV」バッジ。マイルドハイブリッドモデルとの数少ない識別点のひとつだ。
リアに備わる「e-SKYACTIV」バッジ。マイルドハイブリッドモデルとの数少ない識別点のひとつだ。拡大

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【マスク】人気モデル 田中里奈 プロデュース『We'll×田中里奈コラボ ComfitMASKシングルタイプ ピンク』3月10日(水)発売開始! – PR TIMES

【商品特徴】 〇We’llオンラインストアhttps://we-ll-mask.com/  … …