Home その他 つぶやきの速さで存在感、正体不明の岡三マンには12万のフォロワー

つぶやきの速さで存在感、正体不明の岡三マンには12万のフォロワー

6 second read
0
90

「岡三マン」。株取引のための情報ツールとしてソーシャルメディアが浸透するなか、独特の存在感を放つ発信者だ。相場に影響しそうなニュースをいち早くツイッターにつぶやく彼のフォロワーは2018年1月時点で12万人超。約2年前と比べて3倍に増えている。

  岡三マンは、企業やテロ、災害まで、株価に影響を与えるニュースをつぶやく。たとえば昨年12月20日、午前0時44分のビットコイン関連のニュースに始まり、午後11時46分の九州地方で起きた地震まで、間断ない投稿は111件にのぼった。世界的に盛り上がっている仮想通貨関連の投稿は33件確認された。水戸証券投資顧問部の酒井一チーフファンドマネージャーは「どうしてそんなに速いのか」と驚きを隠さないが、午前10時10分の日銀オペ、午前10時15分の人民元の対ドルレートを毎日欠かさないことや、週末や夜中もつぶやき続けることで、何らかの自動運転プログラムが使われていると憶測する声も多い。

  少々エピソードは古いが、日本銀行が初のマイナス金利導入を決めた16年1月29日。発表をめぐって日経平均株価が1000円弱、ドル・円相場が3円弱の乱高下となった。発表15分前に日本経済新聞のホームページに掲載された「マイナス金利導入を議論」のヘッドライン画像を岡三マンがツイートした際には「この投稿のおかげで命拾いしました」といったコメントが残されていて、フォロワーの間では取引する上で必要なツールとなっていたことがわかる。

  マーケットに影響力のあるニュースの転伝が速いことで、短期売買を繰り返す「イナゴ投資家」の間で岡三マンは重宝されているという。デイトレーダーになって12年という村上直樹氏は「いまやトレーダー業界では必須の存在」と話す。速報アプリニュースダイジェストを開発したJX通信社の米重克洋代表取締役は「彼に勝る人はソーシャルメディア上にはいない」といい、つぶやくニュースの選択眼に感心する。

  しかし「中の人」の正体は不明。黄色い安全ヘルメットをかぶったプロフィール画像から判断して男性の可能性は高いが、兜町界隈で取材を重ねても、その姿を知る人にまだ巡り会えない。謎だらけなほど、その存在は人の探究心をかき立てる。先述の米重氏は彼の年齢を40-50代と想像する。ときおりつぶやくギャグやダジャレに「世代差を感じる」ためだ。自嘲的だが、ブルームバーグが確認できたのは岡三証券が「当社とは一切関係ない」と認めたことのみ。岡三マンからの返事は残念ながらまだ届いていない。

  大きな影響力はときにリスクと背中合わせ。16年11月、岡三マンは「黒田が辞任に関し緊急会見」とつぶやいた。金融市場が急な発言に混乱する中、岡三マンは2分後に「広島カープの黒田博樹選手引退会見」の画像をツイートした。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

すべてが洗練された魅力的なディーゼルモデル 新型XC60 D4試乗記

VOLVO XC60|ボルボ XC60搭 … …