Home インスタグラマー なぜ、アスリートたちはインスタグラムでの発信を強化するのか? – Forbes JAPAN

なぜ、アスリートたちはインスタグラムでの発信を強化するのか? – Forbes JAPAN

12 second read
0
30

「一瞬一瞬の勝負をしているアスリートが持つ力強さや試合に至るまでのプロセスには説得力があります。そして今は、SNSやYouTubeなどで個人が発信をできる時代。自分の声や自分の想いを届ける機会を作り、それが継続する仕組みにしないといけないと思っていますし、そこで生まれた共感によって、ファンが増えていくと思います」

これは過去に公開したForbes JAPANの記事で、友佑都が語っていた言葉だ。横浜DeNAベイスターズの山﨑康晃もそうだが、昨今SNSで情報を発信するアスリートが増えている。FC東京の橋本拳人も代表的なひとりと言っていいだろう。彼は自身のフェイスブックページをはじめ、インスタグラムで情報を発信している。

橋本は2017年1月にインスタグラムのアカウントを開設し、練習の様子やプレイベートの様子などを投稿している。なぜ、インスタグラムを活用することにしたのか──。

その理由を彼はこう語る。

「自分の周りにいる選手たちも使い始めていたので、その流れに乗って使ってみることにしました。インスタグラムは写真を中心にしたサービスアプリだったので、テキストを打つのがあまり得意ではない自分には合っていて、気軽に投稿できるのかな、と思いました」(橋本)
 
また、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した、カヌースラロームの羽根田卓也もインスタグラムを活用しているアスリートのひとり。彼は“カヌー”という競技の魅力をひとりでも多くの人に届けるために、インスタグラムを活用している。

「カヌーが持つ魅力をひとりでも多くの人に伝えていきたい。そんな思いからフェイスブックやインスタグラムを活用し始めました。インスタグラムを使い始めたのは、いろんなツールを使ってみたい、という思いからです。実際に使ってみたら、フェイスブックとは異なる層の人たちにリーチできているな、と感じています」(羽根田)

4億人以上がスポーツ関連のアカウントをフォロー

橋本に限った話ではなく、ここ2、3年でインスタグラムを活用し始めるアスリートが増えたように思う。一口にSNSと言っても、さまざまなツールがある中、なぜインスタグラムを選択するのだろうか。その背景には、こんなデータがある。

インスタグラムでは、スポーツ関連のアカウントをフォローしている利用者は4億人以上おり、特にスポーツ好きな利用者は、1人あたり8人以上のアスリート、平均で3か国のアカウントをフォローしている、という。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

テレワーク用PCが今すぐ必要! メーカーにオススメ即納モデルを聞いてみた その1 – PC Watch

 政府は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する目的で、7つの都道府県に対して緊急事態宣言を発令。5月6日 … …