Home モデル なぜ新型オデッセイは“フルモデルチェンジ”しなかったのか?(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

なぜ新型オデッセイは“フルモデルチェンジ”しなかったのか?(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース

9 second read
0
22

ライバル不在のオデッセイ

ホンダがこの秋の登場を予告していた新型オデッセイを11月5日に正式発表し、翌6日金曜日から発売する。以下は、都内某所でホンダが開いた事前説明会からの報告です。

新型は2013年10月発表の現行5代目オデッセイのマイナーモデルチェンジ(MMC)版ながら、7年目のデザインの「鮮度アップ」ということで、フロント・マスクはドンッと迫力が増し、威風堂々、大きく立派になった。

「あ、どこが変わったの?」というレベルではなく、新しくなったとすぐにわかってもらえるデザインを心がけた成果だ。3年前の1回目のMMCの際、「変わっていない」という営業マンから上がった声に対する回答でもある。

具体的には、フロントのフードの高さを70mm上げ、ワイド&シャープなメッキのグリルを貼り付けている。ウィンカーは内側から外側に光が流れるタイプを採用して、モダンさと華やかさをプラス。フードとライト、バンパー、それにフロント両サイドのフェンダーを新調している。

スクウェアになったフロントに合わせて、リアも水平基調にし、テールライトをフルLED化し、フロント同様、流れるウィンカーを装着している。

これらのリデザインはしかし、ミニバン界のスーパースター、9月に1万436台を販売し、前年比160%! ブランド通称名別順位でトヨタの「ヤリス」、「カローラ」、「ライズ」に次いで第4位、ミニバンに限ってはホンダ「フリード」、トヨタ「ヴォクシー」、日産「セレナ」を差し置き、ダントツの第1位というトヨタ「アルファード」に対抗したわけではない。アルファードは、ホンダの分類だとラージ・ミニバンでひとつ上のクラス、ヴォクシー、セレナはミドル級でひとつ下。オデッセイは両者の中間のアッパーミドルで、トヨタ「エスティマ」なきいま、ライバル不在であると考えている。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「妻は73歳。母でも祖母でもない」30代ユーチューバーの謝罪にネット民は大声援|スポーツソウル日本版 – スポーツソウル日本版

25歳の年の差をウリにした夫婦が開設したYouTubeチャンネル『優しい夫婦』。韓国でチャンネル登録数4万55 … …