Home ユーチューバー はっぴぃ魚ッチ ゆる系口べたユーチューバー 磯釣り動画の「まっつん」 – 高知新聞

はっぴぃ魚ッチ ゆる系口べたユーチューバー 磯釣り動画の「まっつん」 – 高知新聞

6 second read
0
60

はっぴぃ魚ッチ ゆる系口べたユーチューバー 磯釣り動画の「まっつん」

(08:37)

釣り上げた60センチのキツをカメラにかざすユーチューバー「まっつん」

 インターネットの投稿サイト「ユーチューブ」には、各ジャンルの釣り動画があふれている。

 個人的な釣行記から、プロを起用した本格的な映像まで。技術やポイント情報が得られるのはもちろん、魚が釣れる様子をのんびりと眺めるだけでも楽しいものだ。

 高知にも、動画を投稿する釣り師がいる。

 その一人が「高知県の釣り師まっつん」こと松本康佑さん(30)=高知市仁井田。県西部や愛媛県南西部の磯でふかせ釣りをしながら撮影し、100本以上を投稿している。

 この冬。大月町の柏島でまっつんの釣りを観察してみた。

釣り開始を宣言。常にカメラを意識している?

 「ど~もボクです。いろいろありまして新聞社の取材ということで…」

 出発前の暗い車内で、少し眠そうな表情でカメラに向かう。笑顔をつくるわけでもなく、語りは淡々と。公開した動画では、画面下に「イケメンを取材したいってよ!」の字幕を入れた。

 「とにかく“ゆるい”。たまにチクッと言う。変に調子者、というのが動画の特徴です」

 強風が吹く磯に渡ると、すぐに釣り座の背後にカメラ1台を固定。そして自分の頭にも1台。視聴者は主に、この“まっつん目線”を楽しむことになる。

 幸先良く中型のグレを釣り、潮が満ちて危険を感じて別の磯へ移動。試行錯誤の末、最後の一投で大物グレ! ではなく、外道のキツ(イスズミ)を仕留めた。

 動画のタイトルは「新聞社の取材を受けながらロクマル(=60センチ)釣っちゃう男」。なんとこれが2万4千回も再生され、「いつも見させてもらってます」「やはり天才は見せ場も作るわ~」といったコメントが寄せられた。

 釣行中、まっつんは断続的につぶやき続ける。潮流や風向きを解説し、釣れないとぼやき、釣り上げてはしたり顔で魚をカメラにかざす。魚をばらしてのけぞり、波に道具をさらわれて慌て…。

 「普段は無口で、口べた。動画の中でキャラができて、しゃべれるようになったんです」

 3年前、先輩ユーチューバーに誘われて投稿を開始。世の中には数百万人の視聴者を持ち億単位で稼ぐユーチューバーもいるが、まっつんは栄養士として介護施設に勤める趣味ユーチューバーだ。それでもチャンネル登録者数は7500人。「釣行のガソリン代ぐらい」の収入があるとか。

 「僕の中で、釣りと動画はセット。釣り場で『見てます』なんて声を掛けられると、もううれしくて」

 まっつんはきょうも、竿(さお)を片手にしゃべり続ける。(本紙・ハチ)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

ブロガー・はあちゅう氏「もうこれ以上はないぞ」レベルのド派手ピンク髪に(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 ブロガー・はあちゅう氏(34)が6日、自身のブログを更新し、髪をド派手なピンク色に染めたことを明かした。   … …