Home インスタグラマー もしやあなたも“イタい人”? インスタグラムでやってはいけない4つのこと(ELLE ONLINE) – Yahoo!ニュース

もしやあなたも“イタい人”? インスタグラムでやってはいけない4つのこと(ELLE ONLINE) – Yahoo!ニュース

11 second read
0
34

今や最も重要なソーシャルメディアのひとつでもあるインスタグラムは、ファッションと同様に自分のアイデンティティを表現する場所。けれど、充実した生活をアピールするがゆえ、結果的に意地の張り合いになってしまい“SNS疲れ”に陥ってしまうことも。

【写真】時代は“インスタグランマ”! 人生のお手本にしたいシニアファッショニスタ20人

近年はその“映え”生活の反動により、写真を加工したりキラキラしたおしゃれな生活をアピールする時代ではなく、よりリアルで嘘のない姿を見せる“素の時代”に突入。それをふまえて、人気のファッションインフルエンサーにNG事項&今のトレンドをヒアリング。「既にやっているかも…」という人は、これを読んで今すぐマインドセットを。

【NG1】加工アプリの使い過ぎ

当たり前のように使われている加工アプリ。人物用、食べ物用、風景用など細かいカテゴリーに分かれたアプリがごまんと存在するけれど、最近は加工アプリを使わずにそのまま投稿する人が増加。少し前まではとにかく盛ることが命だった流れが、だんだんとナチュラル志向にシフトし、加工ナシのありのままの投稿が好まれるように。

「プライベート・スプーンズ・クラブ」のプロデュースを務めるスタイリスト山脇道子さんが、「フィルターを使ったとしても実物と色味の差が出ないように注意しています」と話すように、加工するときは明るさやコントラストを軽く調節するぐらいがベスト。

【NG2】緻密な投稿スケジュール

「自分のアカウントのフィードの見た目を異様に気にしたり、アルゴリズムを意識して投稿時間を決めたりと、計画しすぎるのは少し時代遅れだと思います。わざわざ人のフィードに飛ぶユーザーはかなり少ないです。あまり考えすぎずに投稿するのが今どきですよね」と話すのは、ウェブメディア「Who What Wear」の編集長を務めるキャスリン・コリングス。

ほぼ自分しか見ないフィードに異常なこだわりを見せたり、いいねの数に執着したりしていると、気づかぬうちにストレスになっている場合も。インスタグラムに支配されず、もっと肩の力を抜いてゆるくインスタライフを楽しんで!

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

自称アンパンマン似の読モ、撮影の度にコンプレックスが増える…(女子SPA!) – Yahoo!ニュース

 こんにちは。ライターの高木沙織です。  20代後半、某ファッション誌の読モ(読者モデル)をさせてもらっていた … …