Home モデル アウディ、「A5」「S5」の外観を大幅刷新 ディーゼルターボ「TDI」モデル新設定 – Car Watch

アウディ、「A5」「S5」の外観を大幅刷新 ディーゼルターボ「TDI」モデル新設定 – Car Watch

1 min read
0
73

 アウディ ジャパンは、プレミアムミッドサイズ4ドアクーペ「A5 スポーツバック」「S5 スポーツバック」および2ドアクーペ「A5 クーペ」「S5 クーペ」を大幅刷新して1月13日に発売する。価格は616万円~926万円。なお、TDIモデルは2月以降の発売を予定している。

A5/S5 クーペ
グレード エンジン 変速機 駆動方式 ステアリング位置 価格
40 TDI quattro advanced 直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ディーゼルターボ(190PS/400Nm) 7速Sトロニック(7速DCT) 4WD 6,430,000円
40 TDI quattro S line 6,920,000円
45 TFSI quattro advanced 直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ(249PS/370Nm) 7,100,000円
45 TFSI quattro S line 7,070,000円
S5 クーペ V型6気筒 3.0リッター直噴ターボ(354PS/500Nm) 8速ティプトロニック(8速AT) 左/右 9,260,000円

A5 クーペ

 今回のモデルチェンジでは、新たにグレード構成を「advanced」「S line」に変更。advancedは従来のS lineよりもさらにスポーティな位置づけとなり、大型のフロントブレードレートやマトリクスLEDヘッドライトを標準で装備するとともに、新しいS lineにはRS 5のデザイン要素が盛り込まれた。また、全グレードでハニカムメッシュグリルや往年のAudi Sport quattroを彷彿とさせるボンネットスリット、ボディ一体型サイドスカートを装備し、よりいっそうスポーティに仕立てるなど、エクステリアデザインを大幅にアップデートした。加えて、A5/S5全グレードを対象に、アウディとしてはこのクラス初となるレーザーライトパッケージをオプション設定している。

 インテリアには、最新のインフォテインメントシステム「MIB3」を初採用。センタースクリーンは10.1インチにサイズアップしたほか、タッチパネル式として操作性の向上を図るとともに、よりシンプルでクリーンなコクピットデザインとした。さらに、S line/S5には、新装備のブラックグラスルックコンソールパネルとアーティフィシャルレザー(センターコンソール/ドアアームレスト)を採用し、質感を向上させている。

 そのほかにも、歩行者検知機能付アウディプレセンスシティや、渋滞追従支援機能付アダプティブクルーズコントロールを標準装備するなど、ドライバーの安全性、快適性をサポートする先進のアシスタンスシステムをより充実させた。

 今回の大幅刷新ではパワートレーンも一新。45 TFSI quattroは直列4気筒2.0リッター直噴ターボエンジンに、12Vマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を搭載。より効率を高めたAWDクラッチ付 quattro四輪駆動システムを採用し、トランスミッションには7速Sトロニック(7速DCT)を組み合わせる。これにより、エネルギー回生効率を高め、コースティング(惰力走行)時にエンジンを完全停止するなど、燃料消費量を抑制しながら快適なドライビングを実現している。

 また、A5シリーズ初となるクリーンディーゼルエンジン搭載モデルを設定。Sportbackには、直列4気筒2.0リッター 直噴ディーゼルターボエンジンと12V MHEVを組み合わせた前輪駆動モデル「A5 Sportback 35 TDI」を用意。さらに、高出力化した直列4気筒2.0リッター直噴ディーゼルターボエンジンにquattro四輪駆動システムを搭載した「40 TDI quattro」をA5 スポーツバックとA5 クーペに設定した。

 A5 /S5シリーズのボディカラーには、「ディストリクトグリーンメタリック」ならびに、S5およびS line専用の「クワンタムグレー」「ターボブルー」を新設定している。

S5

S5 クーペ

 A5シリーズの高性能バージョンであるS5 スポーツバック、S5 クーペのパワートレーンは、最高出力260kW(354PS)、最大トルク500Nmを発生するV型6気筒3.0リッターターボエンジンに8速ティプトロニック(8速AT)を組み合わせ、quattro四輪駆動システムによりパフォーマンスを余すところなく発揮。ダンピングコントロールSスポーツサスペンションにより、俊敏なハンドリング性能を実現している。

 加えて、Sモデル専用のハニカムメッシュシングルフレームグリルや前後バンパー、エアインレットとともに、新デザインの19インチアルミホイールを採用。インテリアでは、アルカンターラ/レザー(ダイヤモンドステッチ)のSスポーツシート(マッサージ機能付)を標準装備している。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

「キムチは韓国のもの」 韓国人ユーチューバー発言に中国の所属事務所「中国を侮辱、契約解除」(朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース

 529万人以上のチャンネル登録者を抱えるユーチューバー、Hamzy(本名:ハム・ジヒョン)さんは今月15日、 … …