Home モデル アストンマーティン、F1復帰記念モデル「ヴァンテージ F1エディション」公開 – Car Watch

アストンマーティン、F1復帰記念モデル「ヴァンテージ F1エディション」公開 – Car Watch

14 second read
0
80

 アストンマーティンは3月22日(現地時間)、フォーミュラ1世界選手権に復帰したことを記念して製作された新型モデル「ヴァンテージ F1エディション」を発表した。クーペとロードスターバージョンが用意され、2021年第4四半期から納車が開始される。

 ヴァンテージ F1エディションは、F1オフィシャル・セーフティカーのヴァンテージをベースモデルに、サーキットのラップタイムの短縮をプロジェクトの目標に掲げたモデル。

 V型8気筒 4.0リッター・ツインターボエンジンは最高出力を25PS増加するなどアップグレードが施され、最高出力535PS、最大トルク685Nmを発生。エンジンに加えてシャシー、エアロダイナミクスのパッケージによりパフォーマンスを強化した。

 そのほか、カーボンファイバーパーツ、専用グラフィック、4本出しエキゾースト、新デザインのサテンブラック・ダイヤモンド旋削仕上げによる21インチ・アロイホイールなどが標準装備され、存在感のあるモデルに仕上げられた。

 ヴァンテージ F1エディションは、ヴァンテージのラインアップにおける頂点に位置付けられるモデルで、アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のトビアス・ムアース氏の意向を直接反映させた最初の主力製品ともなる。

 アストンマーティンCEOのムアース氏は「パフォーマンスはすべてのアストンマーティンの中心的要素ですが、F1の名前を冠する以上、真に優れたクルマでなければなりません。ヴァンテージは、アストンマーティン・ラインアップの中では特にスポーティなキャラクターに焦点を絞ったスポーツカーですが、フォーミュラ1オフィシャル・セーフティカーとしての重責を担うため、さらにパワフルで俊敏、さらにレスポンシブでエキサイティングなクルマにする必要がありました。そしてもちろん、サーキットでより速く走れなければなりません」と同モデルの狙いを示した。

 加えて、「私は、パフォーマンスの向上は、レース専用タイヤを装着することによって達成するのではなく、クルマのダイナミクスを真に改善することによってもたらされるべきだと主張し、エンジニアリング・チームに厳しい目標を課しました。このクルマを見れば、その目標が達成されたことがお分かりいただけると思います。ヴァンテージ F1エディションは、もっとも眼識のあるドライバーに訴求するだけでなく、アストンマーティンの歴史の中でもっともエキサイティングな瞬間を表現したニューモデルでもあります」とコメントしている。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

【ZARA高見えトップス】おしゃれ読者ブロガーの“一目惚れ”アイテム(集英社ハピプラニュース) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

【ZARAトップス】華組 CNさん タイプライターのような高見え素材の一目惚れブラウス。シンプルなものより、ち … …